●名称:Vine Linux 4.1
●提供元:Project Vine
●URL:http://vinelinux.org/
●対応機種:PC AT互換機,PowerPC搭載機

Linuxディストリビューション一覧は,こちらから

 Project Vineは2007年2月22日,LinuxディストリビューションVine Linuxの最新版となる「Vine Linux 4.1」を公開しました。Vine Linuxは,Project Vineが開発・提供する国産のLinuxディストリビューションです。主な特徴は,(1)日本語対応が進んでいること,(2)動作の安定性を重視して開発されていること,です。今回,公開されたVine Linux 4.1は,2006年11月22日に公開されたVine Linux 4.0に存在した不具合の修正などが施されています。

 Vine Linux 4.1では,Linuxカーネルにバージョン2.6.16.38が採用されています。デスクトップ環境での主要ソフトウエアは,GNOME 2.14.2やX.Org X11R6.9.0です。また,さざなみゴシックをProject Vineが改変した日本語True Typeフォント「VLゴシック」がメニュー等で使われています。

 かな漢字変換ソフトは,Vine Linux 3.2までの「Canna」から「Anthy」に変更されています。ブート・ローダーについてもVine Linux 3.2まで採用していた「LILO」から「GNU GRUB」に変更されています。

 ここでは,Project Vineが公開しているインストールCD(PC AT互換機用)を用いた場合のインストール方法を紹介します


インストールの前に

 インストール作業に取り掛かる前に次の3点を確認してください。

 (1)インストール作業の前に,パソコンが光学ドライブから起動するよう,パソコンのBIOSを設定します。設定方法については,パソコンやマザーボードに付属するマニュアルを参照ください。また,Vine Linux 4.1では起動フロッピの作成は行えません。

 (2)WindowsとLinuxの両方を1台のパソコンにインストールし,起動時に利用するOSを選択する(マルチブート構成にする)ときには,あらかじめWindowsの起動ディスクを作成しておくことをお勧めします。Linuxのインストールが正常に終了しなかったときには, Windowsを起動するためにその起動ディスクが必要な場合があるためです。マルチブート構成にする際は,既存OS内のデータを消失したり,既存OS が起動しなくなるなどの危険が伴います。Linuxを初めてインストールするときなどには,Linux専用のパソコンを用意してそこにVine Linuxだけをインストールすることをお勧めします。

 (マルチブート構成にしたときに)Linuxを削除してWindowsだけが起動する状態に戻すときには,(Linux用のパーティションを削除するのに加えて)ハード・ディスクの先頭領域にあるMBR(マスター・ブート・レコード)にWindowsを起動するプログラムを書き込む必要があります。Windows Me/98では,Windowsの起動ディスクを使って起動し,コマンド・プロンプトで「fdisk /mbr」コマンドを実行します。Windows XP/2000/Vistaの場合は,Windows回復コンソールを利用します。回復コンソールが起動したら,Windows 2000/XPの場合は「fixmbr」,Windows Vistaの場合は「bootrec /FixMbr」,「bootrec /RebuildBcd」の順に入力します。

 (3)パソコンのシステム構成によっては,Linuxからその機能すべてを利用できない場合があります。例えば,ギガ・イーサネットワーク・カードや無線LANの機能は利用できないことがあります。Linux専用ドライバが提供されている場合は,そちらを利用してください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら