本記事は,4種類のシステム環境でテストしています。このアイコンは,次のディストリビューションとデスクトップ環境の組み合わせを指します。F:Fedora Core 5+GNOME,V:Vine Linux3.2+GNOME,S:SUSE Linux 10.1+GNOME,K:KNOPPIX5.0.1+KDE。アイコンが青い場合に記事が当てはまります。

A: FedoraやVine,SUSEでは,Windows XPと同じように,ログイン画面でユーザーごとのアイコンを表示できます。Fedoraの場合は「デスクトップ」メニューから「管理」-「ログイン画面」,Vineの場合は「アプリケーション」メニューから「システム・ツール」-「ログイン画面の設定」でログイン画面を選べます(写真1)。

写真1●ログイン画面の設定ツール
写真1●ログイン画面の設定ツール

 SUSEの場合は管理者権限で次のように実行すると設定画面が立ち上がります(以下,誌面掲載時の1段幅に合わせて改行してあるのでご注意ください)。

 ログイン画面にはいくつかのテーマが用意されており,選択するだけで画面を変更できます。Fedoraの場合は「ローカル」タブ,Vineの場合は「グラフィカル・リータ」,SUSEの場合は「テーマ型のGreeter」で選択できます。選択後にログアウトすると,変更が反映されます(写真2)。

写真2●変更されたログイン画面
写真2●変更されたログイン画面

 インターネット上に公開されているテーマを入手してログイン画面に利用することもできます(http://art.gnome.org/themes/gdm_greeter/)。利用したいテーマを入手したら「追加」(VineおよびSUSEは「新規テーマをインストール」)ボタンを押して,テーマ・ファイルを指定すると,一覧にテーマが追加されます。

 さらに,テーマの「ハッピーGNOMEとブラウザ」を選択すると,ログイン画面に,登録されたユーザーの一覧が表示されます。各ユーザーには,アイコンとして写真を利用できます。この写真は写真ツールで指定できます。Vineの場合は「アプリケーション」メニューの「デスクトップの設定」-「拡張設定」-「ログイン画面」,SUSEの場合は「アプリケーション」メニューの「システム」-「設定」-「ログインの写真」を使って指定します。

出典:日経Linux 2006年11月号 73ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。