指紋認証装置はごく身近な場面で使われるようになった。例えば,携帯電話のユーザー認証や,日常的に使うコンピュータへのログオンやスクリーン・セーバーの解除などだ。指紋認証を導入すれば,パスワードを複雑にしたり複数のパスワードを管理しなくてもセキュリティを高められる。

 指紋認証はまず指紋を登録し,そのデータに照らし合わせて認証もしくは識別する*1。このとき,指紋の読み取り精度,登録データとの照合アルゴリズム,本人かどうかの判定のしきい値が認証精度に影響する。製品には精度を表す指標として,他人を受け入れてしまう他人受け入れ率(FAR:False Acceptance Rate),本人を拒否してしまう本人拒否率(FRR:False Rejection Rate)が記載されている。例えば,FARは0.001%や0.0001%,FRRは0.1%や0.05%といった値が並ぶ。これらの算出方法はJIS-TR(Technical Specification)で標準仕様が公開されており,各メーカーは数百から数万という膨大なデータを基に算出している。

汚れ,濡れ,乾燥など指の状態は変わる

 FARやFRRを求めるためのテストでは,多くの人が正しい利用方法に基づいて使う。携帯電話やパソコンで利用する場面を考えると,むしろ多少いい加減な使い方をしても大丈夫か,といったあたりが気になる。例えば指先がインクで汚れるなどは日常茶飯事だ。取扱説明書には,「指が乾いていたり,汗や水で指が濡れていると指紋を認識できない場合がある」と記載されている*2。体質によっては汗を多くかくため指が濡れていたり,家事で指先が荒れてしまい乾燥している状況が十分考えられる。薬品を扱う仕事に従事する場合は,指紋が摩耗しているかもしれない。

 このほか指紋認証で気になるのは,人工指を受け入れるかどうかだ。2002年に人工指が指紋認証装置で認証されるという発表があったが,3年たった現在はどうなのだろうか。

 そこで,濡れたり乾燥するなど指の状態が変化しても認証できるのか,人工的に作った指紋は認証されてしまうのかという2点について調べた。検証した指紋認証装置は18機種(図1)。PCに接続して使うものが大半で,出退勤管理やパソコンのログオンなどに使える。

図1●検証した機種
図1●検証した機種
USB接続の外付け型を15機種,ノートパソコン内蔵型を2機種,携帯電話内蔵型を1機種検証した。
[画像のクリックで拡大表示]

 これらの装置の形状は多様である。比較的大きめな製品から,小型で薄い製品,パソコンや携帯電話に組み込まれているものがある。これらはセンサーの読み取り方式である程度分類できる。形状が大きい製品には光学式センサーが多く,小型で薄い製品や組み込み型には静電容量方式,電界強度測定方式や感熱式などのセンサーが多い。サンワサプライのMA-FP74UとビーエムエフのGIGIO-100はマウス一体型,ソニーのFIU-810-N03とエムコマースのBioSlimDisk iCoolはUSBフラッシュ・メモリーとして使える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら