VirtualBoxはドイツの企業であるInnoTek社が開発を行っている仮想マシン・ソフトウエアだ。2007年1月にソースコードをGPLでオープンソースで公開すると発表し,注目を集めた。


Fedora Core 6上で動作するVirtualBox OSEでWindows XPが動作しているところ

 GPLで公開したといっても,すべてのコードをオープンソース化したわけでなく,VirtualBoxには個人が評価用途ならば無償で使えるバイナリ版とオープンソース版(OSE)が存在し,バイナリ版にはOSEにはない追加機能がいくつか加えられている。これらの機能が最終的にはInnoTek社のビジネスとして収益をあげるための付加価値というわけだ。

 バイナリ版は,Windows版とLinux版が用意されている。

・Remote Display Protocol (RDP) Server

 RDPをサポートしたクライアントから,リモートで動作するVirtualBox上の仮想マシンを操作できる。

・USB support

 仮想マシンにUSBデバイス(USB 1.1/2.0サポート)を接続できる。

・USB over RDP

 上記2つの機能を組み合わせて,手元のUSBデバイスをリモートのVirtual Box上の仮想マシンに接続できる。

・Shared Folders

 ホストOSとゲストOSの間でファイル共有が行える。

・iSCSI initiator

 VirtualBox自身がiSCSIイニシエータ機能(クライアント的な動作)を持ち,iSCSIターゲット(サーバー的な動作をするストレージ)上に仮想ディスクを作ることができる。

 一方,VirtualBox OSEはGPLで公開されており,ソースコードを入手することができるが,使用するためには自分で環境を整えて,ビルドしてインストールする必要がある。

 今回は,このVirtualBox OSEをFedora Core 6にインストールして評価を行った。

 なお,サポートされている仮想マシン上で動作するゲストOSは現時点では以下の通り。

FreeBSD,Linux 2.4,Linux 2.6,OpenBSD,OS/2 Warp,Windows NT 4.0,Windows 2000,Windows XP,Windows Server 2003,Windows Vista

L4(リストにはないが,仮想マシン作成時に選択できる)

 以下は動かない。

Darwin,OpenSolaris,ReactOS

詳細な動作情報
http://www.virtualbox.org/wiki/Guest_OSes

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら