Googleに代表されるようなネット・サービスは今年に入っても隆盛である。それはYouTubeのような動画共有や,MySpaceのようなSNS,地図,ソーシャル・ブックマークと百花繚乱(りょうらん)。写真共有,ニュース・アグリゲーション,検索,ポータルといった分野でも新サービスが続々登場している。

 大変活気づいているネット業界だが,そうしたなか,新興のサービス提供会社を支えている注目のサーバー・サービスがある。米Amazon.comが昨年8月に始めた「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」(関連記事)だ。このEC2は一言でいえば「仮想レンタル・サーバー」。一般的なレンタル・サーバーのように特定のマシンを顧客に貸し出すのではなく,Amazonが自社サービスのために構築したサーバー環境を論理サーバーとして単位(インスタンス)ごとにレンタルするというものである。まだクローズド・ベータ版ではあるが,安定しており,格安で利用できることから新興企業にうってつけのサービスと評価は高い。仮想空間サービス「Second Life」の運営会社,Linden Labが利用しているサービスとしても有名である。

「起動していなければ課金されない」

 AmazonがこのEC2で提唱しているのは,サーバー環境を電気や水道のように提供するという「ユーティリティ・コンピューティング」。この考え方は特に新しいものでもなく,米IBM,米HP,米Sun Microsystemsといった大手サーバー・ベンダーも提供しているが,AmazonがこのEC2で差異を強調しているのはその格安で単純な料金体系である。

 EC2は,使った分だけで支払うという従量制のみが適用され,固定費は一切かからない。1インスタンスの1時間当たりの利用料金は10セントで,データ転送料金は1Gバイト当たり20セント。同社のストレージ・サービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」と組み合わせて使うようになっているが,そちらの料金も1Gバイトで月額15セントと安い。データ転送料は外部とのトラフィック間のみで発生し,ストレージ・サービスのS3とEC2のあいだの転送については課金対象外となる。

 EC2の1インスタンスのシステム環境は, 動作周波数1.7GHzのx86プロセサ,メモリーは1.75Gバイト相当。ディスク容量は160Gバイト,帯域は250Mbpsとなる。インスタンスの起動/停止は,数分単位で実行でき,停止中は課金されない。今のところインスタンスは基本的に最大20まで利用できるという。

公開するのはAmazonの堅牢なサーバー・インフラ

 EC2では,Webサーバーや,アプリケーション・サーバー,データベースなどで構成する,自分専用のマシン・イメージ「Amazon Machine Image(AMI)」を作成して,Amazon S3にアップロードし,WebサービスAPIを使って起動する。Amazonでは設定済みのAMIも多数公開しており,それらを利用することも可能となっている(EC2のリソース・ページで公開されている。例えば「ApacheがプリインストールされたFedora Core」といったものがある)。

 従来のサーバー環境といえば,例えばDellなどの大手ベンダーのサーバーを購入,あるいは複数年リースして運用するというのが一般的である。これにはサーバーそのものにかかる費用のほか,設定/管理/メンテナンスにかかる費用や通信費,ハードウエア・エンジニアの人件費,保守契約料などが必要になってくる。

 これに対しEC2はそのほとんどが不要になる。人材で必要なのはソフトウエア・エンジニアのみ。そのエンジニアによってAmazonが自社Webアプリケーション「Amazon.com」のために構築した強力でセキュアなコンピューティング資源を低コストでフレキシブルに使えるようになる。電源やネットワークが落ちたり,マシンが壊れるという心配は無用。データも常時複製され運用される。通常企業にとって考慮しなければならないのは,天災,事故,火事,停電といった不測の事態だが,そうした不安からも解放されることになる。

ハードウエアをサービスとして提供

 新しいサービスを立ち上げる新興企業にとって,トラフィック量の予測は大変難しい。多額の費用を投じてサーバー・インフラを構築したものの,サービスが不調に終わりプロジェクトはあっけなく解散,ということはよくある。またはサービスが思いのほか人気を博し,想定していた処理能力を超えてパンク。そんな話もよく聞く。EC2はスケーラブルで,変更も短時間で反映されるため,そうした無駄やトラブルから解放されるという。設定の変更やサーバーの引っ越し時にも,従来の物理サーバーとは比較にならないほどの利便性があるという。

 こうしたことを可能にしているのは,EC2がいわゆる「ネットのあちら側」で提供されるサービスだからであろう。そのあちら側にはAmazonの巨大なデータセンターがある。それを世界中の企業が,自社サーバーとして運用するようになる。Amazonはそんな構想を抱いているようである。

 Googleなどに代表されるネット・サービスは,ソフトウエアをサービスとして提供しているが,Amazonはサーバーをサービスとして提供していることになる。しかもそれはユーザーごとに割り当てる物理マシンではなく,巨大なAmazonのグリッド・コンピューティングの中で分散管理されている仮想マシン。レンタル・サーバーの未来の姿がここにあるかのように感じるのは筆者だけだろうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら