本田 恵一 アイ・ピー・ビジョン
代表取締役
本田 恵一

前回に引き続き、日本国内のインターネット電話サービスを紹介する。03-XXXX-XXXで着信可能なプラネックスコミュニケーションズの「CyberGate-Phone」、アジルネットワークスの「アジルフォン」の二つである。CyberGate-Phoneはソフトフォンのほか、SIP電話機も利用できる。

 今回は前回に引き続き、日本国内のインターネット電話サービスを紹介する。日本国内には前回紹介した「G-LEX」「freep」以外にもいくつかのインターネット電話サービスが存在している。これらのサービスを検証してみた。

プラネックスコミュニケーションズ「CyberGate-Phone」

 プラネックスコミュニケーションズが昨年6月に開始したのが「CyberGate-Phone」である(写真1)。ネットワーク機器を販売してきた同社が、そのノウハウを生かしてサービスを提供しようというもので、「CyberGate」というサービス群のひとつのサービスである。

 主なサービス内容は以下の通り。
1.会員間無料通話
2.どこでも03従量通話オプションプラン
3.あんしんリミット機能
4.ボイスメール

 「CyberGate-Phone」を利用するには、お決まりの無料会員登録が必要だ。まずは、Webサイトから会員登録を行う。この状態では「CyberGate」の会員になっただけで、「CyberGate-Phone」は利用できない。Webサイトでログインし、「サービスの追加登録」(写真2)で「CyberGate-Phone」を申し込むと自分の内線番号が割り振られ、利用できるようになる。

写真1●プラネックスコミュニケーションズの「CyberGate-Phone」   写真2●追加登録によって利用可能に
写真1●プラネックスコミュニケーションズの「CyberGate-Phone」
[画像のクリックで拡大表示]
  写真2●追加登録によって利用可能に
Webサイトでログインし、「サービスの追加登録」で「CyberGate-Phone」を申し込むと自分の内線番号が割り振られ、利用できるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

 推奨ソフトフォンは「CG-Phone」(写真3)と「M2XTelTel」(写真4)である。すでにデフォルトでサーバーなどはセットされているので、インストール後はID、パスワードくらいの必要最低限の設定ですむ。非常に簡単である。また、これらの推奨ソフトフォン以外の一般的なSIP端末も利用可能である。

写真3●CyberGate-Phoneの推奨ソフトフォン「CG-Phone」   写真4●「M2XTelTel」の画面
写真3●CyberGate-Phoneの推奨ソフトフォン「CG-Phone」   写真4●「M2XTelTel」の画面

 具体的な設定方法は、前回G-LEXに「X-Lite」を接続したときと同様なので、そちらを参照してもらいたい。「CyberGate-Phone」のSIPサーバー・アドレスはvoipstation.jpになっているので、IDやパスワードを併せて設定すれば大抵のSIP端末は接続できるはずだ。ちなみに、筆者はX-Liteを接続して利用してみたが問題なかった。ただし、推奨端末以外に関してはサポート対象外で問い合わせはできないのでご注意を。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら