前回のPHPウォッチでPHP 5.2.0の正式リリースを取り上げたが,このバグ修正版であるPHP 5.2.1のリリースが目前に迫っている。修正点について紹介するとともに,PEAR基底パッケージの最新バージョン1.5.0の詳細,PEARパッケージを簡単に作成,管理するPEAR_PackageProjectorを紹介する。

PHPリリース関連情報

PHP 5.2.1リリース予定:バグ修正が中心,Windows版では性能向上も

 執筆時点において,PHP 5.2のリリースマネージャーであるIlia Alshanetsky氏により,PHP 5.2.1 RC3のリリースが行われている。PHP 5.2.1では主にバグの修正が中心だが,Windows版においては多くのパフォーマンス向上に関する改良も行われている。

 主な変更点,改良点を紹介する。

  • 200を超えるバグ報告への修正対応
  • --enable-memory-limitオプションの廃止,メモリーリミット機能を常時有効に(デフォルトで128MB)
  • Windows版のパフォーマンス最適化

     正式リリース日は未決定だが,近日中の公開が予想される。脆弱性の対応も含まれているため,早期のバージョンアップが推奨される。

    PEARリリース関連情報

    PEAR 1.5.0リリース:多くの新機能を搭載

     PEARの新バージョンである1.5.0が,1月24日に公開された。PEAR(PHP Application and Application Repository)とはPHPのライブラリレポジトリである。PEARを使うことで,PHP言語のライブラリを,システム上に簡単にインストールできる。

     PEARは,すべてのPEARパッケージの基底システムとなっている。他のPEARパッケージの基底クラスやエラー機構の提供がされるほか,パッケージの追加・削除や依存性の確認,ユーザー設定の登録・保持などのためのコマンドラインユーティリティが含まれる。

     PEAR 1.5.0では,40を超えるバグ報告の修正が行われたほか,主に以下の機能が改良された。

  • 動作環境の変更:PHP 4.3.0以降のバージョンに対応

     PEAR 1.4.11までは,PHP 4.2以上のバージョンのPHPにおいて対応が行われていたが,今回のバージョンよりPHP 4.3以降からの対応となった。

  • PECLモジュールのインストール時に,php.iniを自動的に編集する機能が追加

     PECL(The PHP Extension Community Library)は,PHPエクステンションのライブラリであり,PEARの一部として提供されている。PHP言語のライブラリとして提供されるPEARとは異なり,すべてのPECLはPHPのエクステンションとして機能する。そのため,インストール時にはコンパイルが必要になると共に,インストール後にphp.iniを編集し,手動で項目を追加する必要があった。

     PEAR 1.5.0からは,PECLのインストール時にphp.iniを自動的に編集し,エクステンションを有効にするように改良された。ただし,php.iniの自動編集を行うためには,あらかじめphp.iniファイルへのパスを,php_ini設定項目に指定しておく必要がある。

     php_ini設定項目の値を取得するためには,pear config-getコマンドを用いる。

    # pear config-get php_ini
    /usr/local/lib/php.ini

     また,新しい設定値に変更する場合は,pear config-setコマンドを使用する。

    # pear config-set php_ini /usr/local/lib/php.ini

  • Zendエクステンションの定義項目の追加

     PEARのパッケージ定義ファイルであるpackage.xmlのバージョンが2.0から2.1にアップグレードされ,新たに2つの定義が追加された。これらはZendエクステンションとして機能するPECLパッケージに対して,php.iniの自動的に有効・無効を切り替えるために必要な項目である。package.xmlのバージョンが上がったことに伴い,PEAR 1.4以前のバージョンとの後方互換性はなくなることになる。

  • 推奨されないパッケージのインストール時に警告が表示

     PEARライブラリの数が増えるにつれ,一部の古いライブラリのメンテナンスが施されなくなり,推奨されなくなっている。PEAR 1.5.0からは,そのようなライブラリをインストールしようとした際に,警告が表示されるようになった。

     PEAR 1.5.0へのアップグレードには,以下のコマンドを使用する。

    # pear install pear

     今回のリリースはメジャーバージョンアップであるものの,大きな非互換性は特に見受けられない。以前のバージョンのPEARをお使いの方は,アップグレードを検討した方が良いだろう。

    この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

    日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら