三浦 雅孝 アイ・ピー・ビジョン
CTO
三浦 雅孝

SIPインターネット電話サービスに接続できるソフトフォンは数多い。マイクロソフトのWindows MessengerもSIPサーバーに接続できる。また、PDAやスマートフォンに搭載するソフトフォンは、注目のツールである。ホットスポットなどの無線LANにつながる場所ならば、安い料金、もしくは無料で電話ができるからである。こういったソフトフォンをテストしてみた。

 SIPインターネット電話サービスを提供するISPの多くは、ソフトフォンの利用を推奨している。たとえば、第2,3回で紹介したGizmoプロジェクトは、オリジナルのソフトフォンを無償で提供している。そのソフトフォンには単なる電話機能だけではなく、プレゼンス、電話帳、インスタント・メッセージ(IM)、マップ表示などの多彩な機能が組み込まれている。このような機能は、従来のハードウエア・ベースの電話機では実現できなかった。SIP電話サービスが、単なる電話機のリプレースではなく、新たなコミュニケーション、コラボレーションのプラットホームと言える所以(ゆえん)である。

PC用ソフトフォン

Pulver.comのソフトフォン

 米国のSIP電話サービスとしては老舗のpulver.comは「FWD .Communicator」という無償の専用ソフトを配布している(写真1)。マルチプロキシ(複数アカウント)をサポートした「pulver. CommunicatorPro」は有償である。これらは、IMやプレゼンス機能を備えている。IMはAmerica Online (AOL) 、MSN、Yahoo、Googleなどのサービスに対応している。また、TV電話機能も備えている。

写真1●「FWD Communicator」の画面
TV電話やインスタントメッセージ機能もサポートしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 設定は簡単である。同社のサイトからソフトウエアをPCにダウンロードして、画面に表示される指示に従ってインストールする。ファイル・メニューからLoginダイアログを開いて、「Get new account」を押す。FWDのアカウント登録ページに接続されるので、そのページで必要な情報を登録すれば、自動的にアカウントが設定される。

 ソフトフォンというと、ダイヤル・パッドがデザインされた画面を思い浮かべる。しかし、このソフトはBuddy Listと呼ばれる、コンタクト・リストを中心にデザインされている。ここに登録されているメンバーに電話をするか、IMを送るか、電子メールを送るかを選択する。またRSS情報も同じ画面に表示される。電話をかけるだけでなく、グループ・メンバーとの情報共有やコミュニケーションを助けるツールとしての利用を考えた設計となっている。今後のSIPによるオフィス・コミュニケーションの方向性を垣間見せている。

 サポートしている音声コーデックは、G.723、G.711 μ-Law、G.711 A-Law、GSM、SIREN、DVI4、G.722.1など豊富だ。画像コーデックはH.261とH.263をサポートしている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら