■全国の都道府県・市・区を対象とした第2回「自治体の情報システムに関する実態調査」の回答から得点を算出して「自治体情報システム格付け」を実施した。その結果、70団体が最も高い「AAA」評価を得た。調査結果からは、ITガバナンスの重要性が浮き彫りになった。(谷口 和正=東京コンサルティング、本間 康裕)

※ この記事は『日経BPガバメントテクノロジー』第14号(2006年12月15日発行)に掲載された特集「自治体の情報システムを格付け」の一部を再構成したものです。

 日経BPガバメントテクノロジーと東京コンサルティングは2006年11月、共同で実施した「自治体の情報システムに関する実態調査」の結果を明らかにした。この調査は今年で2回目で、47都道府県、全国の779市全部、東京23区(2006年7月7日時点)に対してアンケートを行った。その結果を基に、各自治体のシステム化プロセス、調達、構築、運用、ガバナンスの体制、また行政改革との関連性、住民指向の徹底や自治体同士の連携などを調査・分析するとともに、調査回答から得点を算出し「自治体情報システム格付け」を実施した(調査概要はこちら)。

 有効回答を寄せた430自治体のうち、最もレベルの高い「AAA」の格付けを獲得した自治体は8都府県と5区57市の計70団体で全体の16.3%だった(AAAの70団体一覧)。

 また、回答データをポイント化してランキングを算出したところ、総合得点が最も高かったのは大阪府豊中市だった(豊中市CIOインタビューはこちら)。以下10位まで千葉県市川市、兵庫県西宮市、神奈川県横須賀市、神奈川県藤沢市、東京都、神戸市、岐阜県、東京都世田谷区、東京都板橋区の順となった(表1)。このうち6自治体は、昨年から連続してトップ10入りしている(前回の調査結果はこちら)。

■表1 「自治体の情報システムに関する実態調査」の上位10団体
順位 前回順位 自治体名 総合得点 アチーブメント(AC) アーキテクチャ(AR) アプローチ(AP)
1 - 豊中市(大阪府) 222.48 68.69 80.71 73.09
2 - 市川市(千葉県) 221.95 70.60 78.53 72.82
3 1 西宮市(兵庫県) 219.02 66.38 80.81 71.83
4 3 横須賀市(神奈川県) 217.22 69.66 77.26 70.30
5 10 藤沢市(神奈川県) 216.34 68.09 76.51 71.74
6 2 東京都 216.16 68.25 77.40 70.52
7 24 神戸市(兵庫県) 197.56 58.43 67.04 72.09
8 7 岐阜県 188.13 60.87 63.73 63.53
9 5 世田谷区(東京都) 186.54 56.81 68.95 60.78
10 - 板橋区(東京都) 185.99 57.94 71.44 56.61
AC(システム化効果)、AR(システムの基本構造)、AP(システム化プロセス・体制)の項目それぞれのポイントを100点満点に換算し、合計して300点満点で総合得点を算出した。各数値は、小数点以下第三位を四捨五入している。

自治体のシステムを格付け、70団体が「AAA」を獲得
第2回 自治体の情報システムに関する実態調査

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら