Windowsアプリケーションの開発ツールには,様々なものがあります。その中で最も普及しているのがマイクロソフトの統合開発環境「Visual Studio」でしょう。Visual Studioは,2005年12月に出荷開始された最新バージョン(2005)から,無償で使えるエディション(Express Edition)が提供されています。これは,プログラミングの初級者や学習者が,コストをかけずにすぐにWindowsやWebアプリケーションのプログラミングを試せるようにしたものです。初級者/学習者向けとはいえ,開発ツールとして必要十分な機能を備えており,本格的なWindowsアプリケーションを作ることができます。

実は“お得”なVisual C++

 現在Express Editionには,「Visual Basic」「Visual C#」「Visual C++」「Visual J#」「Visual Web Developer」の五つの種類があります(このうちVisual J#は英語版だけで日本語版はありません)。一般的に,Windowsアプリケーションのプログラミングを始めたいという方には,Visual Basic(以下,VB)またはVisual C#(同C#)を薦めることが多いです。VBは非常に学びやすい言語であり,歴史的にたくさんのユーザーがいるので初級者向けの情報が豊富にあります。C#は,現在米Microsoftが最もも力を入れている言語で,今後のWindowsの標準の開発言語になると言われています。一方,この特集で紹介するVisual C++(同VC++)は,どちらかと言えば中上級者向けというイメージがあります。

 しかし,VC++は初級者が学習を始める場合でも非常に“お得”なツールです。例えば,学校や会社でC言語を学んでいる,または学んだことがあるという方は少なくないでしょう。そういう方はVC++をCの開発ツールとして使えます。コマンドラインで利用するCコンパイラと異なり,Windows上のコード・エディタやデバッガが使えますので,コマンドラインが苦手な方でもすぐに使えるようになります。もちろんCだけでなくC++の学習も可能です。

 もう一つ,VBやC#と同様に,ユーザー・インタフェースのデザインをドラッグ&ドロップで作成するWindowsフォーム・アプリケーションの開発もできます。VC++だからといってWindowsアプリケーションの開発が難しくなるわけではないのです。その場合,通常C++/CLI(詳細は後述)という言語を使うことになります*1。これはMicrosoftが.NET Framework向けに新たに作った言語ですが,欧州の標準化団体ECMAで標準化作業が進められています。いずれWindows以外のプラットフォームで使えるようになったり,Microsoft以外のベンダーから対応するツールが登場するようになったりするでしょう。そういう意味では,とても将来性のある汎用的な言語と言えます。C++/CLIを,学んでおいて損はないのです。

 Part3では「Visual C++ 2005 Express Edition 日本語版」を初めて使うという方向けに,プログラミングの手順をわかりやすく説明します*2。これをきっかけに,VC++のプログラミングをどんどん進めていってください。

 さっそくインストールしましょう。

VC++ 2005 Express Editionのインストール

手順1
 CD-ROMドライブにCD-ROMを挿入すると,「必要なファイルを一時ディレクトリにコピーしています。…」というダイアログボックスと,「インストールコンポーネントを読み込んでいます。…」というダイアログボックスが順に表示された後,以下のダイログボックスが表示されます。[次へ]をクリックします。

手順1
矢印

手順2
 使用許諾契約書が表示されますので,内容を読み,[同意する]にチェックをした後,[次へ]をクリック。

手順2
矢印

手順3
 ドキュメントと,データベースを併せてインストールするかどうかを聞いてきます。デフォルト(初期状態)では両方にチェックが入っているので,そのまま[次へ]をクリック。

手順3
矢印

手順4
 VC++をインストールする場所(フォルダ)を聞いてきます。特に変更する必要がなければデフォルトのまま[次へ]をクリックします。標準インストールでは,ディスクの空き容量は1.6GB以上は必要です。

手順4
矢印

手順5
 インストールが始まります。VC++以外に,アプリケーションの開発・実行環境である .NET Frameworkと,手順3でチェックを入れたドキュメントとデータベースもインストールします。

手順5
矢印

手順6
 「セットアップが完了しました」と表示されたら,[終了]をクリック。これでVC++が使えるようになりました。

手順4

ベータ版をインストールしている方はご注意
 Visual Studio 2005の以前のバージョン,例えばベータ版などをインストールしている場合は,Express Editionをインストールする前に,以前のバージョンのプログラムをアンインストールする必要があります。アンインストールはWindowsのコントロールパネルの[プログラムの追加と削除]で行います。詳しくは「Microsoft Visual Studio 2005 Expressリリースノート」を参照してください。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら