インストールのための準備

 ダウンロードが終わったらインストールする。まずはダウンロードしたファイル「PrereqsJP.zip」を解凍(展開)する。なにやらファイルがたくさんできる。これらは,Turbo Delphi Explorerを実行するのに必要なモジュールである。Turbo Delphi Explorer本体をインストールする前の“準備”として,これらの「必要なモジュール」をインストールしていく。

 インストールするモジュールは以下の五つである。

・.NET Framework 1.1
・.NET SDK 1.1
・Internet Explorer 6.1
・Visual J#
・MSXML

 DelphiのIDEは,.NET Frameworkのマネージド・コードを利用している。そのため .NET frameworkをインストールする必要がある。ただし,ここでインストールするTurbo Delphi Explorerが吐き出すコードは,Windowsネイティブのコードである。開発した実行ファイルを動作させるのに,.NET Frameworkが必要なわけではない。勘違いしないよう注意してほしい。

 各モジュールのインストール手順は,以下の通りである。数が多くて面倒だが,着実に順番にこなしてほしい。

 まず.NET Frameworkをインストールする。以下のインストーラを順番に実行する。

(1) \dotNETRedist\dotnetfx.exe
(2) \dotNETRedist\langpack.exe
(3) \dotNETRedist\NDP1.1sp1-KB867460-X86.exe

 もし,Windows Server 2003を利用している場合は,下記のモジュールもインストールする。

\dotNETRedist\WindowsServer2003-KB867460-x86-JPN.EXE

 次に .NET SDKをインストールする。これはsetup.exeを一つ動かすだけでよい。

\dotNETSDK\setup.exe

 Internet Explorerのバージョンが6.0以下の場合は,6.1にアップデートする。

\IE60SP1\ie6setup.exe

 動かすインストーラはあと三つある。Visual J#のモジュールと,米Microsoftが提供するXMLのパーサ「MSXML」である。

\dotNETJSharp\vjredist.exe
\dotNETJSharp\vjredist-LP.exe
\MSXML\msxml.msi

 そろそろ2杯目のコーヒーを飲みたくなる方もいるかもしれない。でもコーヒーを淹れる前に忘れずにやっていただきたいことがある。米Borland softwareのサイトからインストールするファイルをダウンロードしたときに送られてきた電子メールの処理である。

 電子メールに記載されているディレクトリに,このメールの添付ファイルをコピーする。利用する環境やOSによって異なるが,おおむね

C:\Documents and Settings\<ユーザー名>

である。

 ここまでくれば,あとはTurbo Delphi Explorer本体をインストールするだけだ。

Turbo Delphi本体のインストールと起動

 いよいよTurbo Delphi本体のインストールである。その前に,覚えておいてほしい注意点が一つある。1台のPC(またはVM)にインストールできるTurboシリーズは一つのみ,であることだ。つまりTurbo Delphiをインストールした場合,Turbo C++などのほかのTurboシリーズはインストールできない。複数の言語を利用したい場合はBDSを使用するしかない*1

 それではTurbo Delphiをインストールしよう。これまでの面倒な手順を思えばかなり簡単である。

TurboDelphi_JP.exe

を実行するだけだ。

 インストールは,すべてデフォルトのままでほぼ問題ない。ただ気になる人や,まれに注意したほうがよい点もあるので,あらかじめまとめておく。インストールの参考にしてほしい。


1.インストールする機能
 インストールの途中で,インストールする機能を選択できるが,デフォルト通り全機能のインストールがお勧めである。

2.Officeコントロールの選択
 Excelと連携するなど,Microsoft Officeを扱うプログラムを書かない限り必要ない。しかし,インストーラではどれかを選択する必要がある。とりあえず利用しているOfficeもしくはOffice XPを選べばよいだろう。

3.Indyのバージョン
 Indyは,Delphiでネットワーク・プログラミングをするためのコンポーネントである。デフォルトのIndy 10を選べばよい。旧バージョンのIndy 9は,いくつかのコンポーネントでメソッド名や引数が異なっているなど,互換性があまりよくないためお勧めしない。Indy 9を選ぶケースは,過去に作成したプログラムでIndy 9を利用していて,これからインストールするTurbo Delphiで引き続き開発したい場合ぐらいだろう。

 最後に集積HotFixを適用する。あらかじめダウンロードしておいた以下のファイルを解凍する。

24132_bds2006_update_2_turbo_hotfix_rollup.ZIP

 解凍すると、次のファイルが現れる。

BDS2006HotfixRollup.exe

 このHotfixRollupを実行し,HotFixを適用する。

 これらの作業が完了すると,DesktopにTurbo Delphiのアイコンが現れる。ダブルクリックで起動できる。

 起動したついでに,画面の様子をざっと紹介しよう。図10は,Turbo Delphi Explorerインストール直後の起動画面である。デフォルトでは,五つの「ペイン」から構成されている。ペインという言葉が聞き慣れない方は,“なにかの機能を意味する集まり”くらいに考えてほしい。

図10●Turbo Delphiを起動した
図10●Turbo Delphiを起動した[画像のクリックで拡大表示]

 これらのペインを左上から順番に紹介しよう。左上の「構造ペイン」はプログラムの構造を表示する。プログラムで定義する関数や変数をビジュアルに確認できる。その下にある「オブジェクトインスペクタ」は,開発するプログラムに追加した「コンポーネント」の状態(プロパティ)や「イベントハンドラ」を設定する。「コンポーネント」「イベントハンドラ」と聞き慣れない言葉が,続けて出てきたと感じた読者がいるかもしれない。サンプルを一つ動かしてみれば,きっと感覚的に理解できると思うので,ここでは“そういうものだ”程度に思っていてほしい。

 ペインの紹介に戻る。画面の右上にある「プロジェクトマネージャ」は,名前の通り,プロジェクトを管理するためのペインである。Delphiでは,いくつかのソース・ファイルのまとまりを「プロジェクト」として管理する。もっとも複数のソースをプロジェクトとして管理する機能は,最近の開発環境では当たり前で,Delphiに限った話ではない。

 右下の「ツールパレット」は,「コンポーネント」を表示する。ここから“コンポーネントをビジュアルに置く”という動作を行うことになる。中心の部分は,状況によって「コードエディタ」「デザイナ」などと名前を変える。アプリケーションの開発中に,画面を作成したり,コードを書いたりする部分である。

 以上はデフォルトの状態での説明だ。この種の開発環境を触ったことがある読者には,特に説明の必要はないだろう。逆に,初めて触れる読者は,(1)中心部で画面を作成したり,コードを書いたりすること,(2)右下の「ツールパレット」に「コンポーネント」があること,(3)左下の「オブジェクトインスペクタ」で「コンポーネント」のプロパティや「イベントハンドラ」を設定すること――の三つを覚えてほしい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら