「the 2007 Microsoft Office system」では,標準の文書フォーマットが10年振りに刷新され,XMLベースの「Office OpenXML」というファイル形式が採用される。この新フォーマットは旧バージョンのOfficeで開けるのか,既存フォーマットを新フォーマットに変換するにはどうすればいいのか。気になる5つの疑問に答えよう。

Office 2007の文書ファイルを旧バージョンで開くには

Q1 : Office 2007では文書フォーマットがXML形式になると聞きました。既存の.docや.xlsといった形式の文書は開けるのでしょうか。また,旧バージョンのOfficeで,Office 2007の新しい文書形式を開けるのでしょうか。

A1 : Office 2007では,XML形式のデータをzip形式で圧縮した新しい「Office OpenXML」と呼ぶファイル形式が採用される。このファイル形式の文書ファイルには,「.docx」や「.xlsx」など,既存のファイル形式を表す拡張子の末尾に「x」が付けられている。Office 2007では,OpenXML形式での保存が標準だが,旧バージョンのOfficeの,.docや.xlsといった形式のファイルも開ける。

 一方,OpenXML形式の文書ファイルをOffice 2000/XP/2003で開くためには「互換機能パック」をインストールする必要がある。互換機能パックはマイクロソフトのダウンロードセンターから無償で入手可能だ(互換機能パックのダウンロード・サイト)。

 また,最新の更新プログラムを適用してあるOffice 2003/XPを利用している場合は,OpenXML形式の拡張子がOfficeアプリケーションに割り当てられている。文書ファイルのアイコンをダブル・クリックすると,互換機能パックのダウンロードを促すメッセージが表示される(図1)。これに対して最新の更新プログラムを適用していなかったり,Office 2000を利用している場合は,OpenXML形式の拡張子がOfficeアプリケーションに割り当てられていないので,ダブル・クリックしてもWindowsの「このファイルを開けません」というダイアログ・ボックスが表示される。

図1●Office 2003/XPに最新の更新プログラムを適用してあると,OpenXML形式のファイルをダブル・クリックしたときに,互換機能パックをダウンロードするよう促される。図はWord 2003の場合
[画像のクリックで拡大表示]

 Office 2000/XP/2003に互換機能パックを適用すると,OpenXML形式のファイルを開き,編集し,OpenXML形式で保存できる。ただし,Office 2007の新機能を利用して作成した文書を開くと,レイアウトなど一部の情報が削除される場合がある(図2)。

図2●Office 2007の文書を旧バージョンのOfficeで開いたときに表示される警告。画面はWord 2003
[画像のクリックで拡大表示]

 また,保存に関しては注意が必要なことがある。それは,Office 2000を利用している場合だ。Offcie XP/2003では,「名前を付けて保存」ダイアログの「ファイルの種類」で,例えば「Word 2007文書(*.docx)」などの項目が選択できるようになる(図3)。つまり,編集した文書を,直接OpenXML形式で保存可能だ。

図3●互換機能パックをインストールしたWord 2003。保存形式に「Word 2007文書(*.docx)」が選べる
[画像のクリックで拡大表示]

図4●互換機能パックをインストールすると,Explorerの右クリック・メニューに「名前を付けて保存」メニューが追加される。これを使うと,OpenXML形式に変換できる
 それに対してExcel 2000とPowerPoint 2000では,OpenXML形式では直接保存できない(Word 2000は可能)。一度.xlsや.ppt形式で保存した後,そのファイルを右クリックすると表示される「名前を付けて保存」メニューによってOpenXML形式に変換するという,2段階の手順を踏む必要がある(図4)。なお,「名前を付けて保存」メニューは,互換機能パックをインストールすると追加され,Office XP/2003の場合もこの手順によって既存の従来形式の文書ファイルをOpenXML形式に変換可能だ。

Excel 2007の新機能を利用した文書を旧バージョンで開くとどうなる

Q2 : Excel 2007ではワークシートの大きさが100万行以上まで拡大されましたが,Excel 2007で編集したワークシートを旧バージョンのExcelで開くとどうなりますか。

A2 : 旧バージョンのExcelで扱える最大の行数は6万5536行である。互換機能パックをインストールした旧バージョンのExcelでOpenXML形式のExcel文書を開くと,6万5537行以上のセルに入力したデータは削除される。

 Excel 2007などOffice 2007の各アプリケーションでは,OpenXML形式だけではなく,旧バージョンのExcel形式で文書を保存することもできる。その際,旧バージョンが備えていない機能を利用して編集した文書だと,互換性に関する警告が表示される(図5)。そして旧バージョンの形式で保存すると,アプリケーションの動作モードが「互換モード」に切り替わる(図6)。

図5●旧バージョンの文書形式で文書を保存しようとすると表示される警告。画面はWord 2007の場合。続行すると「互換モード」になる
[画像のクリックで拡大表示]

図6●「互換モード」で動作するWord 2007。SmartArtの部分が画像として扱われ,機能がOffice 2003レベルに制限される。画面はSmartArtを追加しようとしているところ
[画像のクリックで拡大表示]

 互換モードとは,Office 2007で追加あるいは拡張された機能を無効化したり,調整したりする機能である。例えばExcel 2007の互換モードで利用可能な最大行数は,Excel 2003などと同様の6万5536行に制限される。なお,互換モードは解除が可能だ。解除すれば,100万行まで利用可能になる。

Word 2007/PowerPoint 2007のSmartArtを利用した文書を旧バージョンで開くとどうなる

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら