図1●民間企業全体と中堅・中小企業のIT投資額動向
[画像のクリックで拡大表示]
図2●中堅・中小企業向け情報・通信関連市場の内訳
[画像のクリックで拡大表示]
 2005年度の民間企業7業種全体におけるIT投資額は10兆2450億円になり、うち年商1000億円未満の中堅・中小企業は4兆1550億円と、40.6%を占めた。富士キメラ総研の調査による。

 2010年度の全体のIT投資額は、2005年度に対して25%増の12兆7700億円に達する見込み。うち中堅・中小企業は同80%増の7兆4700億円になる見込みで、全体の58.5%を占めるようになると、富士キメラ総研ではみている。

 中堅・中小企業向け情報・通信関連市場を分野別に見ると、アプリケーションよりプラットフォームの方が市場が大きい。2005年度は情報機器が7965億円と最も大きく、2010年度は9854億円になるもようだ。

 一方で、市場の伸び率が最も大きいのは、ネットワークサービスである。2005年度の1045億円から2010年度は3343億円と、3.2倍の規模に成長するものとみられる。


出典:日経ソリューションビジネス2006年11月15日号 8ページ
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。