自宅のネットワークでは,つい最近まで「デスクトップ型パソコンと有線LAN」という構成をかたくなに守り続けてきた。とはいうものの,実は過去に一度だけ,無線LANをメインにしようと本気で考えたことがあった。ちょうどIEEE802.11b規格に対応した製品が登場し始めた初期のころである。

 しかし,当時は今では信じられないほど完成度の低い製品も出回っており,不運にもそんな製品に当たって痛い目に遭ったため,結局乗り換えることはなかった。なにしろ,購入したアクセス・ポイントは,ちょっと位置を動かすだけで同じ部屋内でも通信できなくなるほど不安定。無線LANアダプタにいたっては,ドライバのバグによりWindows2000では“WEPが利用できない”というあり得ない代物だったのだ。

 そんな私も,最近は自宅でノート型パソコンを使う機会が増えてきたため,無線LANの導入熱が再び高まってきた。せっかく買うのだから,なるべく気の利いた製品を購入したい。そんなとき目に留まったのが,今回紹介する無線LANアクセス・ポイント「ポケットワイヤレスRW55」である。

家電機器の無線LAN接続にも使える

 このアクセス・ポイント,サイズが60×84×17mmとワイシャツの胸ポケットにも余裕で入るほど小さい。これほど小さければ,無線LAN内蔵のノート型パソコンと一緒に持ち運んでも苦にならないだろう。普段は自宅で使っておき,出張時にはかばんに放り込んで持ち歩くといった使い方ができる。

 ただし,単にサイズが小さいという程度では食指は動かない。54Mビット/秒のIEEE802.11gにも対応していたり,USB経由で受電できるといった特徴も背中を強く押すほどではない。

 購入に踏み切ったのは,この製品が無線LANアクセス・ポイントとしてだけではなく,有線LAN機器を無線LANにつなぐ「無線LANコンバータ」としても使えるからだ。

 この機能を使えば,ゲーム機やハードディスク・レコーダなど有線LANポートを備えた家電機器を簡単に無線LAN経由で利用できる。本体がコンパクトなので,設置スペースの制約が厳しい家電機器と組み合わせる際の相性も良い。自宅でも外出先でも使えて,家電機器の接続にまで使える3倍お得なこの製品,欲張りな私としては非常に満足している。


infomation
オブビエイター
ポケットワイヤレスRW55

カテゴリ:無線LANアクセス・ポイント
購入先:インターネット通販
購入価格:1万800円(税込み)
製品情報:http://www.warrior.co.jp/pocket_w.htm
備考 : 受電用のUSBケーブルのほかACアダプタ(100~240V対応)も付属する


著者紹介
著者の斉藤栄太郎は日経NETWORKの記者。暇を見つけては秋葉原やネット・オークションでネットワーク機器を漁り,便利グッズやレアものツールを見つけては悦に浸っている。ルーター,スイッチなどはもちろん,トークンリング機器,L3スイッチ,企業向けIP電話機までも自宅の一室に山高く積み上げている。一女の父となり,日増しに強くなる奥さんの冷たい視線にさらされながらも,めげずに日々獲物を探している。

出典:日経NETWORK2006年8月号『今月の逸品』
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。