MNP(携帯番号ポータビリティ)導入前日となる2006年10月23日の夜、ソフトバンクモバイルは新料金を発表した。それが、「通話料&メール ¥0」をうたう「予想外割(ゴールドプラン)」と、他社の料金体系を丸ごとコピーした「オレンジプラン」「ブループラン」だ。これらのプランが本当におトクなのかを検証するために、まずオレンジプランとブループランの特徴を見ていこう。


■ソフトバンクの新料金プランは基本的に3種類に分かれる

 まずは、ソフトバンク新料金のアウトラインをしっかり押さえておこう。基本的なコースとして、以下のような3種類が用意されている。

■表1:2006年10月23日発表のソフトバンク新料金プラン(すべて税込)
予想外割
=ゴールドプラン
オレンジプラン ブループラン
特徴 プランは1つだけの
シンプルな体系
auのそっくりプラン
(12プラン)
ドコモのそっくり
プラン(6プラン)
基本料金 2880円(2007年1月15日までの加入者限定) 3360~1万5540円
(auの210円引き)
2940~1万5120円
(ドコモの210円引き)
同一会社通話料 無料(※1) 2.6~21円/30秒(※2) 7.35~21円/30秒
他社・固定宛
通話料(3G)
15.75~30.45円/30秒 2.6~21円/30秒(※2) 7.35~21円/30秒
割引サービス 継続割引、家族割引 auの割引サービスを
ほぼ継承
ドコモの割引サービスを
ほぼ継承
パケット料金 「パケットし放題」
(月額980円~4410円、
0.084円/パケット)
auと同じ ドコモと同じ
そのほか ・新スーパーボーナス必須
・他社からの移行でも加入年数を引き継ぐ
・MMSとSMSが無料(※3)
・新スーパーボーナス非加入でもOK
・他社からの移行でも加入年数を引き継ぐ
・新スーパーボーナス非加入でもOK
・他社からの移行でも加入年数を引き継ぐ
(※1) 21時台から0時台のソフトバンク携帯電話への通話が請求月で最大200分を超過した場合、超過分は30秒あたり20円
(※2) LLプランは1分単位で15.75円
(※3) 当初はSMS(文字メール)のみが無料と発表されたが、24日の追加発表によりMMS(S!メール)も無料になった(10月26日の予想外割スタートと同時に実施)

 この中で目玉となるのは「予想外割(ゴールドプラン)」で、ソフトバンク同士の音声電話が無料になるのが最大の特徴だ。また、文字メールのSMSに加えて、画像や動画が送受信できるメールサービス「MMS(S!メール)」も無料で利用できる。孫社長は「8割のユーザーがこれに加入するだろう」と発言している(筆者の想定は、後編で述べるように異なるが)。

 それに対して「ブループラン」と「オレンジプラン」は、ライバル2社の料金体系にピッタリ合わせたもので、いわばものまねプラン。月額基本料を210円だけ安くすることで、常に他社より安いことをアピールするものだ。

 ユーザーは、この3種類をどれでも自由に選べる。他社から移行するユーザーでも、新規ユーザーでも、現ソフトバンク(ボーダフォン)ユーザーでも、この3種類の中から選択可能である(10月23日ソフトバンク広報への問い合わせで確認)。

■年間割引の年数を引き継げるので、今までのユーザーにも恩恵アリ

 もう1つ、ユーザーにとってうれしいニュースがある。それは、年間契約割引の年数を引き継げることだ。2007年1月15日までのキャンペーン期間中のみとなるが、既存のソフトバンク(ボーダフォン)ユーザーだけでなく、ドコモ・auといった他社からの移行でも加入年数を引き継げるのだ。

 これまで、番号ポータビリティでは年間契約割引の年数がリセットされるため、毎月の料金が上がると予想されていた。年間契約割引は、加入年数が長くなるほど割引率が上がるが、MNPで移行すると1年目からのスタートとなり、基本料が高くなってしまう。

しかし、2007年1月15日までのキャンペーン期間中は、他社から移行する場合でも、加入年数を引き継げる。たとえば、ドコモ4年目の人がソフトバンクへ移行しても、4年目の割引率が適用されるわけだ。

■表2:他社ユーザーも年間契約割引の加入年数を引き継げる

 また、ゴールドプラン・オレンジプラン・ブループランの3つとも、継続割引や年間契約割引の年数の数え方が「ソフトバンク加入年数」に変わっている。今までのハッピーボーナスでは、ボーダフォンの加入年数ではなく、ハッピーボーナスという割引サービス自体の加入年数で数えていた。そのため、割引サービスを変えると、1年目からのスタートとなってしまうデメリットがあった。

 それに対し、今回の3つのプランはすべて「ソフトバンク加入年数」に変わっており、J-フォンやボーダフォン時代からの加入年数を引き継げることになる。旧スーパーボーナスで問題となっていた加入年数引継ぎのトラブルも、これでクリアになりそうだ。

 さらに、10月24日にソフトバンク広報に問い合わせたところによると、「ソフトバンク加入年数になったので、年数が増えるパターンもある」とのことだ。実例を挙げると、「J-フォン→ボーダフォンから使っている5年目のユーザーがハッピーボーナスに2年間加入していて、そこからオレンジプランに移ると、年間割引の年数が“5年目”からになる」というパターンだ。

 このように、ハッピーボーナスを使っていた時より、継続割引や年間割引などの年数が増える事態も起きるわけだ。既存ユーザーにとっては実にありがたく、旧スーパーボーナスでの混乱を解消する一手にもなっている。

ソフトバンクの新料金「オレンジプラン」の年間割引では、年数のカウント方法が「ソフトバンクご加入年数」に変わっている。これは「ゴールドプラン」や「ブループラン」でも同様だ

 なお、今までのプランも続行される見込みで、変更手続きをしなければハッピーボーナスや年間割引などの旧割引サービスもそのまま利用できる。また、年間割引やハッピーボーナスからゴールド/オレンジ/ブルーの各プランへ移行する場合には、解約手数料は発生しない。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら