本田 恵一 アイ・ピー・ビジョン
代表取締役
本田 恵一

SIPベースのIP電話/インターネット電話サービスは数多くある。また、企業にもSIP準拠のIP-PBXが導入されている。しかし、ほとんどが独立している。レガシーな電話網を経由して電話のレベルでつながっていたとしても、SIPのレベルではつながっていない。今、それらを本当の意味で、つまりSIPを使ってインターネットを介して相互接続しようという動きがある。これはピアリング・サービスと呼ばれている。

 SIP(Session Initiation Protocol)ベースのIP電話/インターネット電話サービス(SIPサービス)を展開しているISP(インターネット・サービス・プロバイダ)は、筆者らが調べた限りでも数百存在する。海外では先に紹介した「Gizmoプロジェクト」や「Free World Dialup」などがある。日本では「G-LEX」や「CyberGate」「agilephone」などがあり、050/0AB~J番号を利用する、いわゆるIP電話サービスもある。また、企業などにはSIP準拠のIP-PBXが多く導入されている。

 
図1●SIPアイランド  
 しかし現在、特に日本に存在するSIPサービスやIP-PBXの多くは、インターネットから見てクローズな状態にある。同じISPのネットワーク内、または同じIP-PBXにつながったSIP電話機同士は多彩なサービスが提供される。しかし、それが異なるISPのネットワークをまたがるなどとなると、通話程度のサービスにとどまっている。SIPサービス間は本当の意味でSIPレベルではつながっていないため、“SIPアイランド”と呼ばれることがある(図1)。

 これらSIPアイランドの間に、SIPの橋をかけようという動きがある。SIPのピアリングである。SIPサーバー間をインターネット経由で接続するサービスが始まりつつある。SIPの機能をフルに利用できる。単なる通話だけでないSIPの持つ機能を、ISP間やIP-PBX間で使えるようになる。

SIPピアリング誕生の機運高まる

 「IP電話サービス同士は、すでにつながっているのではないか」と不思議に思うかもしれない。しかし実際は、ほかのSIPサーバーとはゲートウエイを経由して電話網(PSTN)やIP電話網でつながっている程度なのである。そのため、電話機能だけがつながっている、ほかのインターネット電話網とは接続できない--などという場合がほとんどである(図2)。本当はオープンなインターネット上で自由につながるということが重要だと思うのだが、現実はそうではない。もちろん、セキュリティや通信品質などの問題を考慮して、あえてクローズにしているという側面もあろう。しかし、SIPならではの機能が利用できないのも事実である。

図2●SIPはプロバイダのネットワーク内だけで利用されることが多い

 たとえば、050番号や0AB~J番号を利用するIP電話サービスでは、ほかのプロバイダとの接続は、音声品質などの面からIP電話網を経由する。インターネット電話サービスを提供しているISPでも、ほかのISPのユーザーにインターネット経由で電話しようと発信しても、遮断されるケースが多いことに気付かされるであろう。意図してか、単に想定していないだけなのかは別として「SIPアイランド」なのである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら