長谷 和幸(ながたに かずゆき)
アイテック情報技術教育研究所 主席研究員

 今回のテーマは「ドメイン名」である。ドメイン名といえば,WebアクセスのURL*1やメールアドレスなどで使われているわれわれユーザに最もなじみが深いアドレスの一つ。DNS*2と併せてインターネットのインフラを構成する非常に重要な技術であり,今年の秋の試験でも取り上げられる可能性は高い。この機会にキチンと理解しておこう。

今日の問題
(平成15年度午後I問題の問1から抜粋および要約した)

問3 小規模ネットワークの構築に関する次の記述を読んで,設問に答えよ。

 K社は,不動産仲介業を営む,社員が数名の会社である。パソコンの知識をある程度もっている社員のR君が,ネットワークの構築と運用を担当している。K社では,昨年から,電話回線にパソコンを接続し,ISPへのダイヤルアップ接続でインターネットを利用してきた。当初は,Webの閲覧と電子メール(以下,メールという)の利用から始めた。その半年後に,営業内容の広報のためにWebでの情報発信も始めた。これらは,ISPのドメイン名を使用したサービスによって実現されていた。1年が過ぎて,インターネットの有効性も実証されたので,ADSLの導入,外出先からの利用及びK社専用のドメイン名(以下,独自ドメインという)の利用を計画している。

 そこで,K社ではADSLの導入や独自ドメインの利用にあたって,社長の友人でパソコンショップを営むW氏に支援を頼むことにした。

〔独自ドメインの利用〕
 R君は,W氏に独自ドメインの導入方法を相談した。
 次は,R君とW氏の会話である。

R君:独自ドメインを利用したメールや情報発信を行います。そのためには,独自ドメインを取得し,自社にサーバを設置するだけでよいのでしょうか。

W氏:K社にサーバを設置し,ADSLとIPアドレスサービスを利用すれば,独自ドメインを利用することができます。しかし,データのバックアップや障害対応などの運用が大変です。

R君:サーバを自社に設置しなくても独自ドメインは使えますか。

W氏:ISPの顧客ドメインサービスを利用する方法があります。このサービスを使うと,ISPに設置されたサーバを使う場合でも,独自ドメインが利用できるようになります。

R君:その場合には,昨年から使っているISPのドメイン名を使用したメールや情報発信を,顧客ドメインサービスを利用したものに切り替えるだけで済むのですね。

W氏:いいえ。(1)当分の間は,現在利用しているサービスも引き続き利用する必要があります。

R君:それでは運用が大変そうですね。ほかの方法はありませんか。

W氏:ISPの転送サービスを利用する方法もあります。このサービスでは,独自ドメインあてのメールが現在のメールアドレスに転送されます。また,ブラウザで独自ドメインを指定した場合には,現在のWebサーバを示すURLが返されます。運用上の利点としては,顧客ドメインサービスを利用する場合とは異なり,(2)Webサーバのデータの移動又は複写が不要であることが挙げられます。

 検討の結果,K社では,転送サービスを利用して,独自ドメインを導入することにした。

設問3 独自ドメインの利用に関する次の問いに答えよ。
 (1) 本文中の に入れる適切な字句を答えよ。

 (2) 本文中の下線(1)の理由を,35字以内で述べよ。

 (3) 本文中の下線(2)について,データの移動又は複写が不要である理由を,35字以内で述べよ。

この問題を別ウインドウで表示

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら