Momonga LinuxはMomonga Projectが開発を行っているLinuxディストリビューションだ。2006年8月14日に最新版の「Momonga Linux 3」がリリースされた。ディストリビューションとしてはFedora Core 5との互換性を重視しており,パッケージ管理ツールにはyumなどを採用している。

 Momonga Projectのホームページによれば,名前の由来は以下のとおりだ。「実はモモンガって自己主張が強いんですよ、小さなボディに似合わず。私達Momonga Project は無名で規模も小さいですが、モモンガに似て自己主張はしっかりしていきます」

 今回はこのMomonga Linuxを使って,3Dデスクトップ「AIGLX」の設定を行ってみた。また,Momonga Projectのコアメンバーへのインタビューも敢行した。



Momonga Linuxの3Dデスクトップ

3Dデスクトップを実現するAIGLX

 Momonga Linux 3は,IPAフォントやSun Java 1.5の採用,Ruby on Railsの収録など,最新ディストリビューションらしく現在旬な機能を数多く取り込んでいるが,今回注目したのがAIGLXが利用可能になったX Window Systemだ。

 AIGLX(Accelerated Indirect GL X)は,Fedora Projectが開発しており,デスクトップでOpenGLの機能を利用して様々な表示効果を実現できる。同様の機能を提供するものとして,ノベルの開発している「Xgl」があり,SUSE Linux Enterprise Desktop 10などに採用されている。

 Momonga Linux 3では,標準でインストールされるXでAIGLXの機能が利用可能になっている。Xglを利用する場合には別途Xorgパッケージをインストールする必要があるので,今回はAIGLXと3Dデスクトップを実現するデスクトップマネージャ「Compiz」を組み合わせて,Linux上で実現する3Dデスクトップ環境を体験してみた。

 3Dデスクトップ環境は,Mac OS XやWindows Vistaなどでも搭載されており,今後のデスクトップ環境の「ユーザーエクスペリエンス」を特長づけていくものだろう。現時点でLinux上でどの程度のことが実現できているのか,確かめてみたい。

AIGLX+Compizのセットアップ

 3Dデスクトップ環境を実現するには,ビデオカードの3Dアクセラレーション機能が重要となる。AIGLX開発プロジェクトのWikiによると,今のところAIGLXがサポートされているGPUはATI社のRADEON 7000以降,X850までと,インテルのi830以降i945のチップとなっている。

 今回使用したハードウエア環境は,ATI社のGPUであるRADEON 8500LEを採用したビデオカードを使用しており,問題なく動作させることができた。

 Wikiには動作しないGPUやドライバについて記載があるので,あらかじめ目を通しておくとよいだろう。

 ビデオカードの対応が確認できたら,必要なパッケージをインストールしておく。標準でインストールされているXサーバー,XorgはAIGLXが有効になっているので,デスクトップマネージャのcompizと,設定ツールのmomonga-xgl-settingsを追加でインストールする。インストールは,ネットワークが使用可能ならばyumコマンドで行える。

$ su
# yum install compiz momonga-xgl-settings

さらに,Xorgの設定ファイル/etc/X11/xorg.confに以下の3つの設定を追加する。

設定1

Section "ServerLayout"
(略)
Option "AIGLX" "true" ←1行追加
EndSection

設定2

Section "Device"
(略)
Option "XAANoOffscreenPixmaps" ←1行追加
EndSection

設定3

※以下のSection~EndSection(3行)を追加
Section "Extensions"
Option "Composite" "Enable"
EndSection

 設定を追加できたら,ログアウトをするなどしてXサーバーを再起動する。ログイン後,grepコマンドなどで/var/log/Xorg.0.log内からAIGLXというキーワードで検索してみる。もし「(EE) AIGLX: Screen 0 is not DRI capable」というログ記録が出た場合は,残念ながらAIGLXは利用できないということになる。今回の環境では「(II) AIGLX: Loaded and initialized /usr/lib/dri/r200_dir.so」というログが記録されており,きちんとDRI(Direct Rendering Infrastructure)が有効になっていることが分かった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら