仕様書は,複数のメンバーが共同で作成することが多い。したがって,コミュニケーションを怠れば,「仕様書間の不整合」や「保留事項の連絡不徹底による手戻り」などの問題を起こしやすい。こうしたリスクを避け, 効率的に仕様書を作成するには,どうすればよいだろうか。頻繁に起こる2タイプの実例を通して,その原因と対応策を考えていこう。

松田 陽人(まつだ・はると)
システム・エンジニア

 実質的な作業メンバーが1人というプロジェクトもあるだろうが,大半は複数のメンバーによる共同作業になるだろう。こうした現場では,仕様書の作成を複数人で分担して行う必要が生じ,プログラム間の仕様の調整に手間がかかる。

 これは設計工程全般に言えることではあるが,特に仕様書の作成フェーズでは,基本設計とは異なるレベルでユーザーと仕様の調整を行う。このため,より一層,コミュニケーションに注意を払う必要が生じる。

 それを怠ると,誰も気づかないうちに仕様書間の不整合が起きてしまい,後になって気づくという事態が発生しやすい(図1)。また,保留事項などの問題をプロジェクト内で周知徹底できないと,プログラミング工程に進んだ後,手戻りが発生する可能性もある。

 今回は,メンバー間のコミュニケーション不足に起因するトラブル例を二つ紹介する。仕様書の作成フェーズで,各メンバーが意識しておくべきポイントを考えていきたい。

図1●プロジェクト・メンバー間の意思疎通を欠くとトラブルに
図1●プロジェクト・メンバー間の意思疎通を欠くとトラブルに
コミュニケーション・ミスは,仕様書間の不整合や作業の手戻りに直結する

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら