仕様書の品質を均一化するためにテンプレートを利用する現場は多いと思うが,正しく運用できているだろうか。ちょっとした心がけの違いで,過剰品質の原因となったり,型にはまりすぎた平板な仕様書を生みだしたりする。「テンプレートの利用に伴う弊害」をテーマに取り上げ,よく起こる2タイプの事例を通して,予防するための心得とは何かを考えてみたい。

松田 陽人(まつだ・はると)
システム・エンジニア

 仕様書を作成する際,記述する情報の質と量が重要であることは言うまでもないが,その記述レベルは人によってばらつきやすい。特にシステムの規模が大きければ,仕様書の作成にかかわる人の数が増え,生み出される仕様書の質と量のばらつきも大きくなってくる。

 このような問題を避けるため,書式や記述レベルを均一化する目的で仕様書の「テンプレート(ひな型)集」や「ガイドライン」を用意したり,プロジェクトの実情に合わせた「記述サンプル」を作って配布したりする開発現場は多いだろう。仕様書の完成イメージが全メンバーの間で統一できていれば,自ずとばらつきは減っていくはずだ。

 ただし,こうした取り組みにも,意外な落とし穴がある(図1)。テンプレートや記述サンプルなどの適切な使い方を知らないと,むやみに資料の多い「過剰品質の仕様書」や,型にはまりすぎて「意図の伝わりにくい平板な記述の仕様書」を生むきっかけになることもあるのだ。どちらのケースも,程度次第ではプロジェクトに大きな影響を与える可能性がある。

 今回は,テンプレートや記述サンプルの利用時に起こりがちな二つの問題について,実例からその発生プロセスを探りつつ,予防のための心得とは何かを考えていきたい。

図1●テンプレート集を利用する際の落とし穴
図1●テンプレート集を利用する際の落とし穴
仕様書を作成する上で,記述項目を標準化したテンプレート集は便利である。だがその半面,仕様書を作りすぎたり,記述内容が悪い意味で画一的になり,ポイントが伝わりにくかったりする問題も起こり得る

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら