本連載第3回に引き続き,「Virtual Server移行ツールキット(VSMT)」を利用した物理環境から仮想環境への移行方法を説明する。前回は,移行のために必要なツール類を用意し,移行サービス・サーバーを構築した。今回は実際にVSMTを使った移行作業の手順を説明する。

 VSMTを使った移行に当たっては,まず物理マシンから仮想マシンに移行できるかどうかを調査する必要がある。これもVSMTを使って実施する。移行可能である場合は,移行元である物理マシンのハードディスクの内容のイメージをコピーする。そして,コピーしたイメージを仮想ディスクにリストアする。これらの作業は,あらかじめ作成したスクリプトによって行う(図1)

図1
図1●VSMTを使ったサーバー移行の手順

 それでは以上の手順を追って,詳しく説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら