「パーソナル・コンピュータ」の概念を提唱したとして知られるアラン・ケイ氏に会う機会を得た。パソコンの未来を語る同氏の熱弁ぶりは健在だ。ムーアの法則に従い、半導体技術が3万倍に進歩したにも関わらず、ユーザーの実感としてコンピュータ・システムの性能向上はわずか50倍にすぎないと憂える。コンピュータ・アーキテクチャの進むべき方向性について、同氏の鋭い分析と将来の夢を3回のインタビュー連載でお届けする。

(聞き手=ITpro発行人 浅見直樹,写真=栗原克己)

Andyが与えたものをBillが奪い去った

Alan Kay

 コンピュータ技術の進歩にはめざましいものがありますが。

 果たして、そうだろうか。必ずしも進歩していない部分もある。例えば、メモリのデータ転送速度はさほど高速化していない。また、マイクロプロセサも依然としてシングル・プロセサのアーキテクチャから脱却していない。これは、技術的な問題というよりも、コンピュータ・ベンダーが大きな変化を望んでいないからではないだろうか。

 コンピュータ・アーキテクチャの進歩は保守的だということですか。

 ある種のベンチマークによれば、私たちがXerox社のパロアルト研究所(PARC)において1970年代に作ったコンピュータ・システムに対して、現在のコンピュータはわずか50倍の性能向上しか達成できていない。これは驚くべきほど小さな進歩だ。

 なぜなら、この間、ムーアの法則によれば、半導体技術は3万倍~4万倍もの技術進歩を遂げている。本来なら、コンピュータの進歩も3万倍であるべきところが、実感では50倍にしか向上していない。つまり、600倍ものロスが生じている。600倍とは、どういう意味があるのか。ムーアの法則では、「半導体の技術進歩は18カ月で2倍」とされている。そして、600倍は約2の9乗(29)に相当する。つまり、1.5年おきに2倍の進化、それを9サイクル分と換算すれば、実に13年分以上の技術進歩が失われたことになる。

 「失われた13年」の原因はどこにあるのでしょうか。

 こんなジョーク(冗談)がある。「Andy(=Intel社の長年の経営トップ、Andy Grove氏のこと)が与えしものを、Bill(=Microsoft社のBill Gates氏のこと)が奪い去った」と。私たちがPARCで実現したコンピュータは、当時の最新ハードウエアでくみ上げ、アプリケーションに最適化していた。つまり効率を重視した設計だった。今のコンピュータは必ずしも効率最優先で設計されてはいない。

 特に、メモリ構成が極めて複雑になっている。マイクロプロセサ内部にもキャッシュがあれば、メイン・メモリにもキャッシュがある。さらにディスク・キャッシュも存在する。新しいコンピュータを使用したユーザーは、むしろ以前よりも性能が遅くなったと実感するときもあるだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら