Xenはオープンソース・ソフトウエアであり,今もなお発展途上にある。そのため,商用ソフトウエアのように,インストール手順がまだ確立されていない。使用するLinuxディストリビューションなどによって,仮想環境の構築方法は様々だ。そこで今回は,Xenのインストール方法を紹介する。

OSの次にインストールするXen

 Xenによる仮想環境を構築する場合,まずXenの管理OSとなる「ドメイン0」を作成する必要がある。Xenが動作する仕組み(図1)からすると,何もインストールされていないコンピュータにXenの仮想マシン・モニターをインストールし,その上にドメイン0とドメインUが構築されているかのように見える。

図1
図1●Xenが動作する仕組み

 だが実際は,まずコンピュータに,Xenに対応したOSをインストールする(図2)。次にXenをインストールすると,Xenのカーネルが作成される。そして,Xenのカーネルから起動するように,ブート・ローダーの設定を変更する。その後再起動すると,Xenのカーネルがまず読み込まれ,Xenの上でLinuxがドメイン0として起動する。

図2
図2●Xenをインストールする手順

3種類あるXenのインストール方法

 ではXen対応OSにXenをインストールする方法を紹介しよう。それには次のような,3つのパターンが考えられる。

(1)ソース・コードからコンパイルしてインストールする。
(2)コンパイル済みのバイナリ・アーカイブ(Tarボール)を使ってインストールする。
(3)ディストリビューション向けに作成されたRPM(Redhat Package Manager)パッケージを使ってインストールする。

 このうち最も手軽にXen環境を作成できるのは,(3)のRPMパッケージを使用する方法である。Fedora Core5やSUSE Linux 10など,無償で利用できる代表的なLinuxディストリビューションには既にXenのパッケージが含まれており,簡単にXen環境を構築できる。

 またXensourceのダウンロード・サイトからは,SUSE Linux Enterprise Server 9 SP2,Red Hat Enterprise Linux4 Update1,Fedora Core4の3つのディストリビューション向けに作成されたRPMパッケージが,それぞれ簡単な手続きだけでダウンロードできる。ただしRPMパッケージは,その対象ディストリビューションでしか使用できないので注意されたい。

 RPMパッケージが用意されていないLinuxディストリビューションを使う場合は,コンパイル済みのバイナリ・アーカイブからインストールするか,もしくはソース・コードからコンパイルしてインストールする。ソース・コードからコンパイルする場合,Linuxカーネルのソース・コードも合わせて必要となるため,インターネットが使用できる環境で行うか,あらかじめ対応しているLinuxカーネル・ソースをkernel.orgのWebサイトなどから入手しておく。なお,これらのバイナリ・アーカイブやソース・コードも,XensourceのWebサイトや,ケンブリッジ大学のダウンロード・サイトから入手可能だ。

 Xenはオープンソースであることから,まずは無償で入手できる非商用ディストリビューションに取り入れられ,開発・検証されている。最近ではXenを商用環境のLinux上で動かしたいという声も聞かれるようになってきた。例えば,2006年7月19日に発表されたばかりの商用ディストリビューションであるSUSE Linux Enterprise Server 10には,Xenが取り込まれている。またRed Hat Enterprise Linuxの次期バージョンであるRed Hat Enterprise Linux5にもXenの搭載が見込まれている。

 そこで今回は,Red Hat Enterprise Linux4 Update3および,SUSE Linux Enterprise Server 10を例に,バイナリ・アーカイブとRPMパッケージを使用したXenのインストール方法を説明する。ただし,Red Hat Enterprise Linux4 Update3はXenに正式対応していない。そのため,ここで紹介する方法がLinuxディストリビュータの正式な手法ではないこと,また今後変更される可能性があることを,あらかじめご容赦いただきたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら