デザイナーが技術を身に付けてプログラマに歩み寄るには,開発環境をそろえ,開発ツールを使い,プログラムの基本を理解する必要がある。だが,意欲と気合だけでは,何から始めればよいかわからず立ち止まってしまうかもしれない。そこで,具体的な方法を指南しよう。今回は,デザイナーだけでなく,初心者プログラマにも有益かもしれない。

デザイナーも,開発環境を持とう

 まず,開発環境の整備から始めよう。次のものをチェックして,不足していたらそろえよう。参加するプロジェクトが得意とし,これまで多く手がけてきたプラットフォームに合わせた環境を作るのがベターだ。

・OS(Windows XP Professionalなど)
・プラットフォーム(.NET Framework2.0など)
・開発ツール
・データベース製品
・Webサーバー・ソフト(Webアプリケーションを,ローカルマシンで動作確認する場合に使用)
・完成したプログラムを配置するための通信ソフト

 本稿では上から順番に説明するが,開発ツールをインストールするだけでプラットフォームとWebサーバー・ソフトまで一気にそろう場合もある。

 OSやプラットフォームについては,プログラマと同じ環境を整備するのが望ましい。これはDTPにおける「フォントと,出力センターのフォントの関係」に似ている。

 逆に,パソコンのドライブやフォルダ構成は,動作確認の面からプログラマとは違うほうがよい場合がある。開発したアプリケーションを,開発者のドライブ構成とは異なる顧客のマシンやWebサーバーで動作させるよりも前に,ローカル環境で確認しておくことができるからだ。

 開発ツールについては,プログラマと同じものを強く推奨するが,予算面で難しければ同じツールの簡易版を探せばよい。簡易版なら,無償で入手できる可能性があるからだ。Webアプリケーションのビジュアル・デザインを設定したり,プログラム・コードを見たり,動作確認ができる最低限の機能を持つエディションでよい。例えば,プログラマがVisual Studio 2005 Professionalを使っているのであれば,Visual Web Developerを使えばよい。

 開発ツールだけでなく,データベース製品も必要だ。ベンダーのサイトをチェックして,無料か安価で入手できるものを探そう。例えばプログラマがSQL Server 2005を使っていたら,デザイナーは,SQL Server 2005 Expressをダウンロードして使えばよい。

 そして,自分のパソコンに動作確認のための環境も整えよう。開発途中のアプリケーションを,いちいち実運用のWebサーバーに配置して動作確認なんて面倒だ。1台のマシンに,クライアントと仮のWebサーバーの両方の役割を持たせよう。スタンドアロンのマシンでも何ら問題はない。

 ローカルマシンにWebサーバー・ソフトをインストールして,仮のWebサーバー(開発用Webサーバー)があると見立てた代役のフォルダ(ローカルホスト)に,開発したプログラム(サーバーサイド処理のWebアプリケーション)を配置する。ローカルマシンの中で,ブラウザからWebアプリケーションにアクセスすると,HTMLの形に変換されたページが表示される。実運用では,プログラムをWebサーバーに配置すると,サーバー側で処理された結果が,HTMLの形でユーザーに返される。

【図1】Webアプリケーションの処理

 このWebサーバー・ソフトは,採用する開発プラットフォームによっては,特定のOSのプリ・インストールマシンに付属していたり,開発ツールに付属していることもある。それらを利用すれば,別途入手する必要はない。開発ツールに付属しているWebサーバーなら,ツールが自動的にローカルホストを割り当ててくれるので,プログラムを配置するフォルダを意識しなくていいから,非常に簡単だ。ただし,プラットフォームやWebサーバーなどのインストール順序を間違えると,アプリケーションが動作しないこともあるから注意しよう。

 以上のように,デザイナーが,自分のパソコンにインストールした開発ツールを使ってWebアプリケーションのデザインを担当し,プログラマにロジックのコードを書いてもらい,自分のマシンで逐次動作確認をすれば,プログラミングという仕事がよく理解できるようになる。もちろん,コラボレーションの効率も飛躍的に上がるだろう。

 開発したアプリケーションがローカルマシンで問題なく動作したら,今度は実運用,あるいはプロジェクトでテスト用に立てたWebサーバーにプログラムを配置する*1。配置には,リモートデスクトップ接続*2や,遠隔操作ソフトを利用する方法もある。これらのソフトは,画像や音声などのデータファイルをアップロードする際にも便利だから,一度触れてみるとよいだろう。

 Webアプリケーションは,Webサーバーに配置しただけでは動作しないことがある。なぜなら,安全のために,プログラムやデータ・フォルダに対してのアクセスが禁じられているからだ。そこで,アプリケーションを動作させるには,アクセスの権利(アクセス権)の設定が必要となる。デザイナーが自ら設定を行う必要はないが,プログラマやネットワーク管理者が作業をする際に,その手順を一度見学しておく価値はあるだろう。

 開発環境がそろったら,次にしなければならないのは,開発ツールの基本操作と,開発結果として作成されるファイルについての理解である。例えば,次のようなことだ。

・プログラム・ファイルの種類と拡張子
・既存のプログラム・ファイルの開き方
・デザイン・コードとプログラム・コードの画面の切り替え方
・既存のプログラム・ファイルの動作確認方法
・異なるドライブ,異なるフォルダ構成のマシンで動作させたときに,エラーが生じた場合の解決方法
・新規プログラム・ファイルの作成方法。これはWindowsアプリケーション,Webアプリケーション,モバイル・アプリケーションなど開発方法によって異なる場合がある。
・ローカルマシンでWebアプリケーションを動作させる場合の,セキュリティ(アクセス権)の設定方法。
・プログラムからアクセスしやすい,データ・ファイル(画像,テキスト,XMLなど)の置き方(フォルダ構成やファイル名の付け方など)。
・遠隔操作ソフトやリモートデスクトップの使い方とパスワードの管理方法

 以上の環境整備の詳細については,コラボレーション相手のエンジニアに教えを請うといい(ちなみに筆者は.NET+XMLでの開発が専門で,ほかの開発環境に通じているわけではない)。数時間~1日もあれば理解できるだろう。教えてもらう際には,多忙なエンジニアに2度同じことを言わせないためにも,メモとICレコーダーをお忘れなく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら