2006年6月12日から14日の3日間,米国アリゾナ州においてCSI(Computer Security Institute)が主催する「NetSec 2006」が開催された。NetSecは情報セキュリティに関する世界的なイベントの一つ。毎年6月に開催され,今年で16回目を迎えた。専門家が一同に介する同イベントは,情報セキュリティの“最前線”を知る絶好の機会といえる。

 とはいえ,日本からの参加者は少ないため,その内容を国内で知ることは難しい。そこで本コラムでは,NetSec 2006に参加したネットワンシステムズ セキュリティ事業推進本部 本部長の山崎文明氏に,同イベントをレポートしてもらった。

 本コラムは全4回。今回はまず概要を紹介し,次回以降では,NetSecで開催されたセミナーの内容などを基に,米国における情報セキュリティの最前線を解説する(編集部)。

◆連載目次

・第1回:セキュリティの最新動向が分かる「NetSec」

・第2回:話題はSOX法からカード・セキュリティへ

・第3回:リスク管理とセキュリティ教育が課題

・第4回:減少を続けるコンピュータ犯罪の被害額