都道府県CIOフォーラムとは

 都道府県CIOフォーラムとは、各都道府県及び関係団体の情報化統括責任者(CIO)または情報化推進担当責任者(役職等は問わない)をもって構成する任意団体です(会長:島根県 地域振興部 情報政策課 CIO補佐官 山口 悟氏)。

 都道府県における情報化推進の責任者が、相互に密接な連携と協力を深めることにより情報の共有を図り、また、民間IT企業も含めての意見交換等を通じて、住民本位の電子自治体の構築や情報通信技術(IT)を活用した地域の活性化等、都道府県が抱える諸課題について、各都道府県のIT施策の推進に寄与することを目的として、2003年8月26日に設立されました。全米州政府CIO会議(NASCIO)の会議運営を参考に、官民の垣根を取り払っての活発な議論を展開しています。


設立に至る経緯

[2002年7月18日]
全国知事会(於:沖縄県)において、岐阜県梶原拓知事より『日米電子自治体会議』の設立について提案。
[2002年10月]
全米州政府CIO会議(NASCIO)年次会合に岐阜県、日経BP社が参加。
[2002年12月20日]
『日米電子自治体会議準備委員会』を設立、会合開催。 -岐阜県をはじめ17道府県が参加。委員長に岐阜県・佐々木参与(現知事公室 長)を選任。
[2003年2月7日]
『第1回日米自治体CIO会議』を千葉県で開催。任意団体『都道府県CIOフォーラム連絡会議準備委員会』発足。
[2003年8月26日]
『第1回 都道府県CIOフォーラム 年次総会』を東京で開催。同日に全47都道府県が参加しての都道府県CIOフォーラムが発足。初代会長に岐阜県知事公室長・佐々木浩氏、副会長に富山県情報政策課長・寺林一朗氏が就任。

(肩書きはいずれも日付当時)


都道府県CIOフォーラム

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら