Hewlett-Packard Asia Pacific and Japanの副社長で,エンタープライズ・ストレージ・サーバー事業インダストリ・スタンダード・サーバー製品担当ジェネラル・マネージャのTony Parkinson氏(写真)が,ITproの単独インタビューに応じた。Parkinson氏はIT業界で20年以上の経験を持ち,現在はx86サーバー(HP ProLiantファミリ)を担当する。仮想化への取り組みについて聞いた(聞き手は山口 哲弘=ITpro)。

Hewlett-Packard Asia Pacific and Japan副社長の
Tony Parkinson氏

最近は仮想化に関する技術や製品が次々と登場し,仮想化に関する盛り上がりを感じる。仮想化に対してどのように取り組んでいるか。

Parkinson氏:仮想化は,ITサーバーの利用を改善する重要な要素の1つだと考えている。従来のような1つのサーバー・マシンで1つのOS/アプリケーションを動かすという方法は効率が悪い。これからは,1つのサーバーで複数のOS/アプリケーションを動かすようになる。その際,既存の複数のサーバーを集約するのにも,仮想化技術は強力な道具になる。

 私が担当しているProLiantは,多くのパートナと組んでビジネスを展開している。Intelとは長い間手を組んでいる。AMDに関しては市場のリーダーとしてOpteron搭載機を2年前から出しており,Opteron搭載機は日本でも最近大きく伸びている。このようにCPUメーカーとは親密な関係を持っている。

 一方,仮想化ソフトに関しても同様だ。Microsoftとは以前から深い関係を持っていて最近ではVirtual Serverに対して手を組んでいる。VMwareとは比較的新しい関係だが,緊密な関係を持ってビジネスを進めている。VMware製品が稼働するハードウエアの検証や,VMware製品を利用したシステム構築を手がけている。ほかにもXenなど,新しいパートナが出てきている。Xenは,直接ハードウエアの上で動作する,ベアメタル・タイプのLinux向け仮想化ソフトだ。

 当社が,これらの仮想化技術に対して付加価値を付けるところは,管理ソフトの「SIM(Systems Insight Manager)」である。これはサーバーの各要素を管理するものだ。その上に,各サーバー要素の管理モジュールをプラグインしていく。例えば,仮想マシンの管理用に「Virtual Machine Management Pack」を用意している。これは,仮想マシンの管理に加えて,物理マシン環境から仮想マシンへの移行,そして仮想マシン環境から物理マシンへの移行が可能なツールである。

物理環境から仮想環境への移行支援ツールには,VMwareの「P2V Assistant」がある。競合するツールにならないか。

Parkinson氏:当社のツールは物理環境から仮想環境だけでなく,仮想環境から物理環境への移行もできる。物理環境から仮想環境への移行だけならVMwareのツールでも可能だが,中には仮想環境から物理環境に戻したいという顧客もある。そのようなときに使ってほしいツールで,VMwareのツールと競合するのではなく,補完する関係にある。

 また,複数の管理ツールを使い分けるのではなく,1つで統合管理したいという場合にも使ってほしいツールだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら