VMware Workstationを使って仮想環境を構築する際,全く新しく構築するだけではなく,既存の物理環境を仮想環境に移行することもできる。例えば,Windows NT 4.0が稼働する古いシステムを,そのままVMware Workstationが動作する最新ハードウエア上で稼働させられる。そのような,既存の物理環境を仮想環境に移行するためのツールとして,ヴイエムウェアはフリーの「VMware仮想マシンインポータ」と,有償の「P2V Assistant」を提供している。これらのツールを使えば,物理環境から仮想環境へ,確実に移行可能である。

 また,VMware Workstationを利用すると,1台のハードウエアで複数のOS環境を同時稼働できるだけでなく,物理環境では不可能だったり難しかったりした運用が可能になる。例えば,稼働途中のスナップショットを取っておき,後からその時点に戻すなどだ。ここでは,物理環境からの移行手順と,仮想化ならではの便利な機能を説明する。

物理環境からの移行を支援する2つのツール

 仮想マシンインポータは,VMware Workstation 5.5と同時に,自動的にインストールされるツールである。MicrosoftのVirtual PC/Virtual Serverの仮想マシン・イメージ,およびSymantec LiveState Recoveryで作成したバックアップ・イメージを,VMware Workstationの仮想マシン・イメージに変換するときに使う。物理環境から仮想環境に移行するために利用するときは,LiveState Recoveryでシステムを丸ごとバックアップしてイメージを作り,それを仮想マシン・イメージに変換する。仮想マシンインポータの具体的な操作手順は次の通りだ。

 仮想マシンインポータはウィザード形式になっており,VMware Workstationの「ファイル」-「インポート」メニューで起動する。ウィザードでは,変換元のVirtual PC/Virtual Serverの仮想マシン・イメージまたは,LiveState Recoveryのバックアップ・イメージ・ファイルを指定する。そして,変換先の仮想マシン名と格納先フォルダを指定する。以上で,VMware Workstation形式の仮想マシン・イメージが作られる。後は,VMware Workstationでこのイメージを開き,起動するだけだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら