●名称:名称:Berry Linux 0.53
●提供元:中田裕一朗氏
●URL:http://berry.sourceforge.jp/
●対応機種:PC AT互換機

 Berry Linuxは中田裕一朗氏がFedora Core 3をベースに開発した,クライアント向け1CD Linux(ライブCD)です。CDから起動するため,ハード・ディスクにインストールすることなく利用できます。システムに既にインストールされているOSに影響を与えずに,Linuxを試すことができます。

 Berry Linuxが起動時に実施するハードウエアの自動認識機能や圧縮ファイル・システムについては,1CD Linuxとして知名度の高いKNOPPIX 3.6の技術が取り入られています。CDから起動するとPCに搭載されている各種ハードウェアを自動認識して,ネットワークの設定などを適切に行ってくれます。

 もし,Berry Linuxが気に入った場合は,専用ツールを使ってハード・ディスクのパーティションにインストールできます(Berry Linuxを起動し,KDEメニューから[BERRY]-[BERRYのインストール]を選択する)。また,Windows用のインストール・ユーティリティ(CD-ROM上のinstall.batを起動する)も用意されており,Windowsのファイル・システムにBerry Linuxのファイルをインストールできます。どちらも,マシンの起動時にGRUBが起動して,実行するOSを選択できます。

 カーネルには2.6.9,ウィンドウ・マネージャにはKDE 3.3.2を利用しています。また,オフィス・ソフトのOpenOffice.org 1.1.4,WebブラウザのMozilla 1.7.5,動画再生ソフトのMPlayer 1.0pre6a,CDライターのK3b 0.11.20などが搭載されています。

 また,日本語入力メソッドにはSmart Common Input Method platform 1.1.3が採用されています。なお,日本語入力モードに入るには[半角/全角]キーを押します。

 Berry Linux 0.53 のISOイメージ「berry-0.53.iso」は,http://berry.sourceforge.jp/からダウンロードできます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら