PPPはWANテクノロジの中でも,もっとも身近にあるものの一つです。豊富なオプションと使いやすさからダイヤルアップだけでなく,専用線,DSL,FTTH,PHSなど多種にわたり使用されています。今回はCiscoルータのシリアルインタフェースでのPPPの利用と設定を学びましょう。

LCPとNCP

 PPPはLCP(Link Control Protocol)と,NCP(Network Control Protocol)の2つのプロトコルから構成されています(図1)。

  • LCP ・・・ PPPのリンクの確立,維持,解放に使用される
  • NCP ・・・ 上位レイヤ3プロトコルの設定に使用される

 図1 PPPの構成
PPPの構成

 LCPはPPPのリンクの制御を行います。PPPセッション開始時にLCPフレームをやりとりし,必要な設定を交渉します。また,オプション項目も交渉します。LCPのオプションとして交渉されるものには次のものがあります。

  • 認証 ・・・ 発呼側(接続する側)のユーザを着呼(接続される側)が認証します
  • 圧縮 ・・・ データ部分の圧縮を行います
  • エラー検出 ・・・ 障害の状況を識別します
  • マルチリンク ・・・ 複数の回線を論理的に1つの回線として扱います
  • PPPコールバック ・・・ コールバック機能を使えます

 LCPはリンクの維持も行います。リンクの状態を監視し,正常動作しているか,障害が発生しているかなどを確認します。障害が発生している場合,リンクの切断を行う場合もあります。

 一方のNCPはレイヤ3プロトコル別に用意されています。例えばIPの場合はIPCP(IP Control Protocol)がNCPになります。各プロトコルごとに設定などを担当します。

 PPPのセッション確立には3つのフェーズが必要です(図2)。

  1. リンク確立フェーズ ・・・ LCPによるリンク確立
  2. オプション認証フェーズ ・・・ 認証が必要な場合,認証を行う
  3. ネットワークレイヤプロトコルフェーズ ・・・ NCPによるレイヤ3プロトコル設定

 図2 PPPセッション
PPPセッション

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら