VMware WorkstationでゲストOSを動かすには,まず仮想マシンを作り,そこにOSをインストールする,という手順を踏む。今回は,仮想マシンの作り方を説明する。仮想マシンには,割り当てるハードディスク容量やメモリー容量,動かすOSの種類,利用する周辺機器など,多くの設定項目がある。それらを詳しく説明する。

製品間で互換性がある仮想マシン

 VMwareは,VMware Workstation以外にも仮想化ソフトウエアを発売しており,製品間で仮想マシンに互換性がある。例えば,VMware Workstationで作成した仮想マシンを,そのままVMware ACEやVMware ESX Server(インポートにより)などで使用可能である。

 ただし,VMware製品には世代があり,互換性があるのは同一世代間である(表1)。例えば第5世代の製品であるVMware Workstation 5.5で作成した仮想マシンは,VMware ESX Server 3.xでは利用できるものの,同2.xやVMware GSX Server 3.xでは使用できない。それら旧世代製品で利用する予定がある場合は,レガシー・モードの仮想マシンを作成する。

第2世代 第3世代 第4世代 第5世代
VMware Workstation 2.x 3.x 4.x 5.x
VMware ACE - - 1.x -
VMware GSX Server 1.x 2.x 3.x -
VMware Server - - - 1.x
VMware ESX Server 1.0/1.1 1.5 2.x 3.x
表1●VMware製品の世代。同一世代間で仮想マシンの互換性が保たれる

 なお,1世代に限って上位互換性が保証される。ただしVMware ESX Serverは,IDEディスクとUSBに対応していない。もしもテスト目的など,VMware ESX Serverで運用する予定の仮想マシンをVMware Workstationで作成する場合は,これらのデバイスを仮想マシンに設定してはいけない。

ウィザードを使って仮想マシンを作成

 では実際に,VMware Workstationを利用して,仮想マシンを作る方法を説明しよう。VMware Workstationの「ファイル」-「新規」-「仮想マシン」メニューに,新規仮想マシン・ウィザードが用意されており,これに従って操作すれば簡単に作れる。ウィザードには,標準構成の仮想マシンを作成する「標準」と,様々な設定を変更して仮想マシンが作れる「カスタム」の2通りがある(図1)

図1●新規仮想マシン・ウィザード。「標準」と「カスタム」の2通りがある

 標準ウィザードで選択する項目は,(1)ゲストとして動かそうとしているOSの種類,(2)仮想マシン名とそれを格納するホスト上のフォルダ名,(3)ネットワークの種類,(4)仮想マシンのハードディスク容量,である。

 OSの種類では,単にWindowsやLinuxといった違いだけでなく,「Windows XP Professional」や「Windows Server 2003 Standard Edition」,「Red Hat Enterprise Linux 4」や「SUSE Linux」といったバージョンまで指定する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら