こんにちは,ゼッタテクノロジーの古田です。前回に引き続き,今回もSkypeAPIを使ったアプリケーションを作っていきたいと思います。実は,前回の記事を執筆したあと,SkypeAPIを利用するためのCOMコンポーネントに関して,Skype社による公式版(Skype4COM)の提供が始まるという重大な出来事がありました。このため,この第4回からはこちらをメインで使うように若干軌道修正をしながら解説していきます。

 第4回は,次の四つの視点でお話ししたいと思います。

(1)Skypeの安全性について
  Skypeのインストールを検出する方法など
(2)Skype4COMとは
  Skype社の公式版COMコンポーネントの概要
(3)Skype4COMを使ったプログラミングの実際
  プレゼンスの取得と変更機能を実装してみる
(4)プログラムのビルドと動作確認
  作成したプログラムの動作を確認

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら