●名称:CentOS 4.1
●提供元:The CentOS Project
●URL:http://www.centos.org/
●対応機種:PC AT互換機,
  PowerPC搭載機など

 米Red Hat社はRed Hat Linux(RHL)の開発をバージョン9で終えました。RHLはその後,企業向けに開発・販売される「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と,Fedora Projectが開発・提供するFedora Coreに,事実上,分離しました。RHELは動作の安定性を重視した有償ディストリビューションです。無償で入手してインストールすることはできません。

 しかし,RHELのソース・コードは公開されており,誰でも入手して改変できます。RHELのソース・コードを利用し,ロゴなどといったRed Hat社のライセンスに関するものを排除するなどして,独自に改変したのがRHELクローン(互換)OSです。クローンOSの一つにThe CentOS Projectが開発する「CentOS(Community ENTerprise Operating System)」があります。CentOSは無償で入手して利用できます。

 CentOSではFedora Coreで利用されているパッケージ管理システムのyumが利用でき,サイトからのパッケージの入手やインストール作業が簡単に行えます。RHELに修正パッケージが提供されると,CentOS用のアップデート・パッケージも用意されます。アップデートはyumコマンドを利用して行えます。

 CentOS 4.1ではLinuxカーネルにバージョン2.6.9が採用されています。また,GNUライブラリにglibc 2.3.4,コンパイラにgcc 4.0.0が採用されています。

 ここではインテル系CPU向け(i386版)のインストールDVDを用いたときのインストール手順を紹介します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら