フリー・エンジニア
高橋隆雄 フリー・エンジニア
高橋隆雄


前回はAsteriskの概要について簡単に説明した。今回はAsteriskが何に使えるのかという観点から解説することにしよう。AsteriskはIP-PBXの一種ではあるが、そのサポートするプロトコルは広範にわたる。例えばSIPしかサポートしないPBXとは異なり複数のプロトコルを1台のPBXでサポートすることが可能である。

 まず第一にPBXとして使えるのは当たり前である。そもそも名称にPBXと付いているのだから、これは当然。ただし単純に従来のPBXをリプレースするものではない。

 Asteriskでサポートされているアナログ電話機のインタフェースはいわゆる2ワイヤー。これに対して日本でよく使われている旧来のPBXの多機能電話機、いわゆるビジネスホンでは4ワイヤーの専用インタフェースを用いるのが普通だ。このため電話機とPBXは必ずセットでなくては使えない。アメリカ生まれのAsteriskには、日本のビジネスホンを収容する4ワイヤー・インタフェースもなければ、それを制御する機能もない。当たり前の話だがプロプライエタリなPBXの専用電話機の制御方法は通常、公開されているわけもないので他社が実装できるわけもない、ということだ。

 ただしこのことはIP-PBX化を推進する企業などにおいては全く問題にならない。なぜならばIP-PBX化の過程において電話機はIP電話機にリプレースされていくため旧来のビジネスホンは不要となるからだ。また、音声会議の追加など、既存のPBXに機能を付加するためにAsteriskを導入する場合も問題にはならないはずだ。PBXには普通の電話回線でつなげばいいからだ。

 あくまでも仮定の話だが、既存のPBXメーカーが自社の4ワイヤー電話機用のインタフェース・ボードを開発し、PBXのコアとしてAsteriskを採用するようになると電話機をリプレースせずともPBXをIP化し、さらには多機能化することも可能になるであろう。もっともPBXメーカーの営業という観点からいえば電話機もリプレースさせたいはずなので、このようなアプローチが取られる可能性は低いかもしれない。

Asteriskがサポートするプロトコル

 Asteriskがサポートするプロトコルは以下の通り。ただし、これはAsteriskといっしょに配布されているものだけ。別途配布されるモジュールは含んでいない。

Agent(ACD Agent Channel)
Console(Linuxのコンソール。音声にはOSSまたはALSAのサウンドドライバを使用)
H.323
IAX/IAX2
Local(Asterisk内部の呼処理)
MGCP
Modem(モデムのことではなくISDN回線の意味)
phone(Linuxテレフォニー)
SIP
Skinny(Cisco Skinny)
VOFR(Adtran Voice Over Frame Relay)
VPB(Voicetronixカードを使用。アナログ電話)
Zap(Digiumのカードを使用。アナログ電話)

 これらはそのままずばりAsteriskのチャネルである。Asteriskはチャネル・ドライバとしてこれらをサポートしているため、上記のプロトコルを使ってAsteriskに接続可能な電話機や電話回線を相互接続できる。

 別途配布されているモジュールにはBluetoothやSCCPなどもある。またデジタル接続の手段として各種ISDN(mISDN,vISDN,CAPI)も提供されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら