Windowsのファイル・コピーは遅い。どれほど遅いかは,巨大なファイルや大量の小さなファイルを連続コピーしてみるとよくわかる。

 DVDのイメージ・ファイル,サーバーのバックアップ・データ群,Webページから一括ダウンロードした大容量ファイル---。こうした大量・大容量のファイルを日常的にコピーしている私にとって,このWindowsのファイル・コピーの遅さは切実な問題だ。

 先日など,数十Gバイトのデータ・ファイル群を別のハードディスクにコピーし始めたところ,夕飯を食べても風呂に入ってもまだコピーが終わらない。結局ファイル・コピーのためだけにパソコンの電源を入れっ放しのまま寝てしまった。

 こんな状況を何とかしたいと探し続けていたところ,これはというソフトに出会った。それが今回紹介する「FastCopy」というファイル・コピー用ツールだ。LAN用メッセンジャ・ソフトの草分け的存在である,あのIP Messengerを開発した白水啓章氏が開発・配布しているフリーソフトである。

バッファにためて一気に書き込む

 このFastCopy,配布元のWebページでは「Windows系最速(?)のファイルコピー&削除ツール」とうたっている。最初は半信半疑でインストールしてみたものの,実際に使ってみると看板に偽りはなかった。すっかりお気に入りのツールとして,今では自分が使っているすべてのWindowsパソコンに入れているほどだ。

 FastCopyの速さの秘密は,そのコピー方法にある。ユーザーがファイル・コピーを指示すると,FastCopyがコピー先を調べる。ここでコピー先が同じハードディスクの場合は,あらかじめ確保してあるバッファ・メモリーが一杯になるまで連続して読み出しを続け,一杯になったらコピー先に連続して書き込むという動作を繰り返してコピー作業を進める。

 コピー先が別ハードディスクの場合には,読み出しと書き込み動作を並列して行うことにより高速にコピーしようと試みる。こうした工夫によってWindowsのコピー機能よりもずっと高速なコピーを実現している。

 作者の白水氏によれば,次バージョン以降でさらなる機能追加を予定しているという。その機能とは,2台のパソコンにFastCopyを入れてネットワーク経由で高速にファイルを転送できるようにするというもの。それも楽しみだが,現状でもネット経由のコピーも十分速い。文句なしで,Windowsユーザーなら入れておいて損はないと太鼓判を押せる一本だ。


infomation
ファイル・コピー&削除ツール
FastCopy
カテゴリ:フリーソフト
対応OS:Windows98以降の全バージョン
作者:白水啓章氏
備考:配布元URLは,http://www.ipmsg.org/tools/fastcopy.html。2006年2月7日時点の最新バージョンは1.31。同ページ上でソースコードも配布している。



著者紹介
著者の斉藤栄太郎は日経NETWORKの記者。暇を見つけては秋葉原やネット・オークションでネットワーク機器を漁り,便利グッズやレアものツールを見つけては悦に浸っている。ルーター,スイッチなどはもちろん,トークンリング機器,L3スイッチ,企業向けIP電話機までも自宅の一室に山高く積み上げている。一女の父となり,日増しに強くなる奥さんの冷たい視線にさらされながらも,めげずに日々獲物を探している。

出典:日経NETWORK2006年3月号「今月の逸品」 80ページより
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。