2006年4月1日から民放は東京・名古屋・大阪,NHKは29都府県で地上デジタルテレビの本放送を開始する。ワンセグ対応機種については,携帯電話機,ノートPC,携帯DVDプレーヤ,車載機器,専用端末などが発表・発売され始めた。

 現在発売されているワンセグ対応携帯電話機には,放送波で伝送されているCCI(Copy Control Information:コピー制御情報)の指示に従った録画機能が搭載されており,タイムシフト視聴も可能になっている。しかし,著作権などの問題があり,初期の機種では外部のメモリーに録画データをコピーしたりはできないようだ。

 また,ワンセグ放送では,データ放送が同時に放送されているが,このデータ放送もテレビ映像と一緒に録画できるかどうかは,機種ごとに異なる。

 利用者の利便性を考えると,録画した番組を視聴するときに,データ放送と一緒に視聴したいと考えるのが普通だろう。映像とデータ放送を一緒に録画できるようになることが望まれる。

 本放送開始まで1カ月を切った3月時点,本サービス開始前ということもあり,各局ではデータ放送を含めた試験放送が行われており,ワンセグ放送対応携帯電話機で,データ放送を含めたサービスを体験することができる(写真1~5)。


写真1 日本テレビのワンセグ放送画面(映像部分はハメコミ。データ放送部分は、3月時点の試験放送であり,本放送開始時に変更される可能性がある)
[画像のクリックで拡大表示]
 
写真2 TBS(東京放送)のワンセグ放送画面(映像部分はハメコミ。データ放送部分は、3月時点の試験放送であり,本放送開始時に変更される可能性がある)
[画像のクリックで拡大表示]


写真3 フジテレビジョンのワンセグ放送画面(映像部分はハメコミ。データ放送部分は、3月時点の試験放送であり,本放送開始時に変更される可能性がある)
[画像のクリックで拡大表示]
 
写真4 テレビ朝日のワンセグ放送画面(映像部分はハメコミ。データ放送部分は、3月時点の試験放送であり,本放送開始時に変更される可能性がある)
[画像のクリックで拡大表示]
 
写真5 テレビ東京のワンセグ放送画面(映像部分はハメコミ。データ放送部分は、3月時点の試験放送であり,本放送開始時に変更される可能性がある)
[画像のクリックで拡大表示]

サイマル放送とは

 現在の放送免許では,固定型のテレビ受信機(固定型テレビやSTB)向けに放送しているテレビ番組を,ワンセグ放送でも同一時間に放送(サイマル放送)することが義務づけられている。

 また,ワンセグ放送サービスは,基本的に無料放送(NHKは,既存のアナログ放送契約)だが,データ放送をトリガーとしたインターネット上の有料Webコンテンツとの連携が考えられている。

 つまり,データ放送をトリガーとした通信コンテンツ連携では,豊富にある携帯電話機の有料サイトが利用できるため,放送局にとっていかにユーザを自前の有料サイトへ誘導するかが重要なわけである。

 4月から始まるワンセグ放送サービスは,サイマル放送だが,地上デジタルテレビ放送の免許更新タイミングである2008年以降は,固定型のテレビと利用シーンやニーズが異なる「ケータイ向けの独自番組」が放送される可能性がある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら