こんにちは,ゼッタテクノロジーの古田です。前回は,SkypeAPIを利用するプログラムを作る際に,面倒なWindowsメッセージの処理を一手に引き受けてくれる「ActiveS」という便利なCOMコンポーネントを紹介しました。今回も引き続きこのActiveSを使ってプログラムを作っていきます。

 第3回となる今回は,以下の四つの視点でお話ししたいと思います。

(1)Skypeのセキュリティについて
2月に主催したSkype Security Seminarから

(2)アプリケーションの設計
プレゼンスを変更するプログラムを作る

(3)コーディング作業
ActiveS経由でプレゼンスを取得・変更させる

(4)SkypeWebを使ってみる
Webページ経由でプレゼンスを表示させる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら