Web上の様々なコンテンツを,ときに華やかに,ときに便利に,そしてときにはちょっと迷惑に彩っているFlashムービー。読者の皆さんも一度はどこかで目にしたことがあるでしょう。自分の描いた絵や,自分で撮った写真を,音楽と一緒に好き放題に動かせるなんて,とても楽しそうではありませんか。

 このFlashムービー,通常はマクロメディアが提供する「Flash」シリーズというソフトを使って作成します。しかし最新のFlashシリーズの低価格版である「Flash Basic 8」は定価で2万6250円(税込),通常版の「Flash Professional 8」は8万8200円(同)。もちろん,使う人が使えば,値段だけの価値がある素晴らしいソフトなのですが,我々のように趣味でアニメーションを作ったり,ペットや子供の写真を使ってちょっとしたムービーを作成してみたい,という,いわゆる「サンデー・クリエイタ」にとっては,少々購入に二の足を踏む価格になっています。

 しかし,このFlashムービーを作成できるフリーソフトが公開されているのです。それがここで紹介する「ParaFla」です。ParaFlaを利用すれば無料で,Webページに埋め込んで動作するアニメーションやゲームを作れます。皆さんもParaFlaを使って,アニメーション作成を楽しんでみませんか。

ParaFlaでどんなことができるの?


[画像のクリックで拡大表示]

ParaFlaを使ってできること

●アニメーションの作成

 ほかのお絵描きソフトで描いた絵や,デジタル・カメラなどで撮影した画像ファイルを使って,アニメーションを作成できます。アニメーションさせる対象のフェードイン/アウト,位置の移動,回転といった動きは,専用のダイアログボックスを使って簡単に設定できます。

 ParaFlaの開発者であるCoa氏は,フリーのお絵描きツール「ParaDraw」も配布していますので,それを利用するのもよいでしょう。

●サウンドの再生

 mp3ファイルを再生することが可能です。アニメーションに,BGMや効果音を付けられます。

●スクリプトを使った制御

 アニメーションに対して,「ボタンを押したら次の画像/アニメーションを再生」「ボタンが押されるまで待機」といった制御を行うスクリプトを記述できます。これを利用して,キーボードやマウスの操作に対応したインタラクティブなアニメーションやゲームを作成できます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら