相手に到達するまでに経由するルーターのアドレスなどを表示する

書式: tracert [オプション] IPアドレス | ドメイン名

オプション:
 なし,-? ヘルプを表示
 -d 結果表示にはIPアドレスを使い,ドメイン名表示のための名前解決を行わない
 -h max_hops 経由するルーターの数をmax_hopsで制限する。制限を超える分は検索しない
 -j list 経由するアドレスをlistで指定する
 -w timeout タイムアウト時間をミリ秒単位で指定する



利用例:
[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経BPムック 「絶対わかる! ネットワークテクニック超入門」 より
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。