ルータの設定をすることは確かに重要ですが,実際は設定した後に維持管理していくことの方が重要で大変です。そのためには「ルータの現状を知る」ことや「ルータの設定を確認する」ことが必要です。今回はそのためのコマンドを覚え,試験や実践で活用しましょう。

設定ファイルの確認

 ルータの状態や設定の確認は,すべて「show」で始まるコマンドを使います。showで始まるコマンドは,すべて特権モード(プロンプトが#)でないと使用できません。よって,設定中のグローバルコンフィギュレーションモードや詳細な設定モードに入っている状態で利用しているときは,必ず特権モードに戻る必要があります(注)。showコマンドは,必ず以下の形式で入力します。

脚注: 実際には,特権モードのコマンドをそれ以外のモードから入力する「doコマンド」というのも用意されています。

  • # show [確認したい項目]

 showコマンドで必須なのは,設定ファイルの中身を確認するためのコマンドです。設定を変更後は必ず確認する必要があります。前回(第4回)でも説明したように,設定ファイルはNVRAMに保存され,起動時に読み込まれる設定ファイル(startup-config)と,RAM上に読み込まれた現在のルータの設定を示す設定ファイル(running-config)の2種類があります(図1)。

 図1 2個の設定ファイル
2個の設定ファイル

 それぞれの確認のためのshowコマンドは,以下の通りです。

  • # show running-config ・・・ running-configの確認(図2
  • # show startup-config ・・・ startup-configの確認

 図2 show running-config
show running-config

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら