資料の紹介

 IEEE 802.11acとして知られる新世代のWi-Fi規格は、無線LAN規格として初めて通信速度1Gbpsの壁を破った。同規格を利用することで、よりリッチな体験をもたらすビデオストリーミングはもちろん、より多くのワイヤレスデバイスの同時接続が可能になる。

 本資料は802.11ac対応製品の開発者向け技術資料である。まず、下位互換性の要求を満たしながら高速化を果たした背景にある、帯域幅の拡大とコア技術であるマルチユーザーMIMO(Multiple Input Mutiple Output)などについて説明する。

 802.11ac対応製品を開発する際には、従来の802.11規格対応製品の開発手法やテスト手法では通用しないことがある。例えば、送信機能の試験には、従来のI/Q信号アナライザを使う方法だけでは確実な品質検証はできない。

 本資料では、無線送受信性能を完全に検証するために必要な測定項目を表の形で示し、いわゆるレイヤ1やレイヤ2といった単一レイヤだけでなく、上位レイヤも含めた複数レイヤでの一括機能検証の重要性と進め方についても例示する。