資料の紹介

 シーティーシー・エスピーが販売する「Mirapoint Message Server」は、メールの運用に必要なコンポーネントを最適化した状態で一台に統合したメールサーバー・アプライアンスである。本資料ではそのメリットを、技術資料や第三者による調査結果、事例などを豊富に引用しながら簡潔に紹介する。

 Mirapoint製品は、OSからメール用に最適化されているため、汎用OSに異なるメーカーのソフトウエアやハードウエアを組み合わせるシステムに比べ、高速かつ安定した稼働を実現している。パッチ管理においても、発行されるパッチの監視と適用すべきものを判断する手間もなく、ほぼメンテナンスフリーで利用できる。

 導入時の設定項目は、TCP/IP関連とメールの配送経路、ユーザー登録だけで済む。既存のディレクトリ管理システムと連携させることで、ユーザー登録を省くこともできる。

 耐障害性を高めるために、クラスタ構成も取れる。汎用製品を組み合わせたシステムに比べ、障害発生時の対応作業も簡素化することができ、高度な管理者教育が不要になる。サービス停止を最小限に抑制できるため、ユーザーサポートのコスト削減も見込める。アップグレード、マイグレーションの手法も確立しており、将来システムへの移行パスやコストを予測しやすいといったメリットもある。

 本資料では、最新のMirapoint Message Server 8シリーズについて、ユーザーの規模に合わせた5製品のラインアップと構成、さらに上位製品へのアップグレードパスなども紹介する。