低コストで健診業務を効率化するクラウド型の「健庫番」を実現

住友セメントシステム開発株式会社
医療情報システム部 部長
牛丸 明 氏

 セメント業界のシステム開発・運用で培った技術やノウハウをベースに、付加価値の高いITサービスを提供する住友セメントシステム開発。同社が2012年3月より提供を開始したのが、中小企業向けクラウドサービス「健庫番」である。

 これは企業が従業員向けに実施する一般定期健康診断の業務をサポートするサービス。就業歴、病歴、抗原抗体歴などの個人情報を管理することで、産業医や保健師による健康診断計画から実施、結果管理、面接指導まで一連の健康管理業務をサポートする。「健診業務に関する煩雑な事務作業を効率化し、従業員の適切な健康管理・健康保持増進を強力に支援します」と同社 医療情報システム部 部長の牛丸 明氏は説明する。システム構築やインフラの運用管理が必要ないうえ、初期投資もほとんど必要なく、安価な月額料金で利用できる。

 健庫番のベースになっているのが、同社が従来から提供してきた健康管理システム「ArmsEnterprise」である。同製品は、一般健康診断はもちろん、特殊健康診断にも対応し、メンタル状況や就業制限まで一元管理できるオンプレミス型のシステム。専門性の高い特殊業務を扱う製造業など幅広いニーズを網羅している。しかし、機能が豊富なうえ、オンプレミス型で提供するため、価格面や運用面に関する導入のハードルは高くなる。「そこで一般企業における健診業務に提供機能を絞りクラウド化することで、より安価で使いやすいサービスを目指しました」と同じく医療情報システム部の営業チームでチーフを務める斉藤 義隆氏はサービス提供の経緯を話す。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。