クラウドとの連携や開発生産性が向上した「SQL Server 2012」がリリースされた。開発生産性を高められるツール「SQL Server Data Tools」やクラウドとオンプレミスの連携が容易になる「データ層アプリケーション」など多くの機能も追加されている。本記事では、新機能や改善点を紹介し、ユーザーにどのようなメリットがあるかを徹底解説する。

 SQL Serverは今回の2012で第4世代となり、クラウドへの時代を歩み始めた(図1)。表1に、SQL Server 2012での追加、改善機能をポイントごとにまとめて示した。

図1●SQL Serverのロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]
表1●SQL Server 2012の新機能 網部分に注目
[画像のクリックで拡大表示]

 SQL Serverにはいくつかのエディションがある*1。エディションによって使用できる機能の差を表2に示した。無償のExpressエディションに関しては、今回から従来のSQL Server 2012 Expressに加えて、「SQL Server 2012 Express LocalDB」というエディションが加わった。APIレベルでSQL Serverと互換性を持ちつつ、シンプルな開発に利用できるようにしたものだ。

表2●SQL Server 2012のエディション別機能比較
[画像のクリックで拡大表示]
*1 標準的な規模での運用用途に使用されるStandardエディションと、Business Intelligence機能を使用する場合のBusiness Intelligenceエディション、そして大規模環境での使用を想定したEnterpriseエディションの3つのエディションが、SQL Server 2012で提供される本番運用の有償エディションとなる。その他のエディションとして、開発者向けの開発専用の安価なエディションであるDeveloperエディション、組み込み向けのCompactエディションも引き続き提供される。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。