クラウドとの連携や開発生産性が向上した「SQL Server 2012」。開発生産性を高められるツール「SQL Server Data Tools」やクラウドとオンプレミスの連携が容易になる「データ層アプリケーション」など多くの機能も追加されている。新機能や改善点を紹介し、ユーザーにどのようなメリットがあるかを徹底解説する。第2回はバイナリファイル、採番、Azure連携に関する新機能を紹介する。

バイナリファイルを簡単に管理できるように

 次に注目したいのは、FileTableという機能である。これもExpressエディションで利用できる。

 FileTableは、画像やパワーポイントなどのバイナリファイルをデータベースで簡単に管理できるようにした機能である。Windows上に配置されたファイルをSQL Serverプロセスが管理する仕組みだ。図4のように、FileTableで管理されているフォルダにWindowsエクスプローラーでアクセスしてファイルを登録すると、ファイルの実体はSQL Server管理下のフォルダで別名管理される。FileTableオブジェクトでファイル情報を管理するので、通常のテーブルのようにSELECT命令でファイル情報を取得できる。

図4●FileTableでのファイル管理手順
[画像のクリックで拡大表示]

 Windowsエクスプローラーでファイルを削除すると、同時にFileTableオブジェクトの管理情報も削除されるので、もちろんSELECT命令による取得もできなくなりる。このようにFileTableを使用することで、ファイル自体とファイルの存在有無、ファイルパスを同期できる。

 WindowsエクスプローラーからFileTableに接続するには、「\\サーバー名\SQL Serverインスタンス名\インスタンスのFileTable名\FileTableオブジェクト名(例えば、\\Mainpc\SQLSERVER\test01\FileTable_test01)」のようなパスを用いればよい。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。