実践編では、VPN対応ルーターに設定する内容と、スマートフォンのVPN設定の手順を見てみよう。設定内容や手順を確かめるため、編集部では実際にVPN対応ルーターを会社に設置し、スマートフォンでリモートアクセスを試してみた。

 利用したルーターはアライドテレシスの「CentreCOM(センターコム) AR415S」、スマートフォンはNTTドコモの「GALAXY(ギャラクシー) S II SC-02C」(図2-1)。AR415Sは前回の表1-3で挙げたL2TP/IPsec対応のルーターとしては最も安価だ。また、ベンダーによって多くのスマートフォンとの接続が確認されている。GALAXY S IIは種類が豊富なAndroid端末のなかでも、2011年9月時点で最も売れた機種である。

図2-1●今回検証した構成
検証では端末にNTTドコモのGALAXY S II SC-02C、VPN対応ルーターにアライドテレシスのCentreCOM AR415Sを使った。VPNプロトコルはL2TP/IPsecを採用し、VPN対応ルーター側でNATトラバーサル機能を有効にした。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回試した接続形態は2種類。自宅のLAN(無線LAN)からブロードバンドルーター経由で会社に設置したVPN対応ルーターに接続する形態と、NTTドコモの3G回線経由でVPN対応ルーターに接続する形態だ。採用したVPNプロトコルはL2TP/IPsecである。どちらの接続形態でも途中のルーターのNAPTを越えるため、AR415SでNATトラバーサル機能を有効にした。

この先は日経 xTECH Active会員の登録が必要です

日経xTECH Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。