日経クラウドファーストからのお知らせ

2019.1.20
本誌2019年2月号の記事を公開しました。
2018.12.20
日経クラウドファースト休刊のお知らせ
 本誌でもご案内の通り、日経クラウドファーストを休刊させていただきます。
誠に勝手ながら、月刊のニューズレターは2019年4月号(3月20日発行号)、
週刊の読者限定メールマガジンは2019年3月29日配信号が最終号になります。
購読者の方へのご契約に関する案内は2019年1月下旬に個別に郵送いたします。

新着記事

サービス評価

ビッグデータ処理基盤

 日々、膨大に発生するアクセスログやセンサーデータをはじめとして、多くの企業がビッグデータの活用に乗り出している。

ケーススタディ

ワンオータス AzureのAIで店舗経営効率化

Face APIで来店客の性別や年代判別 Azure MLによる来客予測も視野に

 神奈川県でうどん店チェーン「里のうどん」を運営するワンオータスはAzureのAI(人工知能)サービスを使い、店舗経営の効率化に取り組む。顔認識AIのFace APIで来店客の性別や年代を判別し、ターゲットに合わせてメニューを変えるといった施策に生かす。機械学習サービスのAzure Machine Learning Studioによる、翌日の来客数予測の活用も視野に入れる。廃棄ロスの削減や最適な人員配置を実践し、さらなる効率化や働き方改革につなげる狙いだ。

ケーススタディ

米ナイキ AWSでスマホアプリの基盤強化

アプリの更新頻度上げ1億人を囲い込み グラフDBのNeptuneでつながり促進

 2018年5月期まで8年連続増収の米ナイキ。原動力の一つはユーザーが1億人を超えるというスマートフォンアプリだ。アプリはAWSに配置したサーバーシステムも含めて、1日に何度も更新する。新機能を次々と投入し、ユーザーを飽きさせない。マネージドサービスを多用し、アプリ開発に注力できる体制を強化した。グラフデータベースAmazon Neptuneのような新技術も積極的に取り入れ、アプリの使い勝手を高めている。

解説・レポート

音声UI設計[第8回] 単純なユースケースその1

小売店の情報提供アプリに見る ストーリー、台本、対話フロー作成の実際

 今回から、イベントやセールなど店舗情報の提供という単純なユースケースを題材に、音声UI設計の具体的な手順を説明していく。今回は「ユーザーストーリーの作成」「台本の作成」「対話フローの作成」までの工程を取り上げる。実際にAlexaスキルを作るという意識を持って、具体的な開発の流れを理解してほしい。

解説・レポート

GCP入門[第10回]機械学習サービスその2

追加学習で自社商品や不良品を識別 企業情報システムに生かす GCP入門

 今回は、画像認識AIの開発サービス「Cloud AutoML Vision」を取り上げる。AutoMLシリーズは、ユーザーが機械学習モデルを一から作るのではなく、学習済みモデルに追加学習させるタイプである。機能は制限されるが、学習処理が簡単だ。AutoML Visionの場合、「自社商品の識別」といった独自用途の画像認識AIを比較的容易に開発できる。