マイナンバー最前線

【マイナンバーを取り扱う具体シーンごとの注意点】第8回

 本連載では、マイナンバーを取り扱う際の注意点を、取得・利用・提供・委託・管理・廃棄というフェーズごとに解説してきた。最終回となる今回は、そのまとめを行う。

【2016/02/26】

【マイナンバーを取り扱う具体シーンごとの注意点】第7回

 連載第2回から第5回までは社員のマイナンバー、第6回は社員の扶養家族のマイナンバーを取り扱う場合の注意点を述べた。今回は、接触頻度の少ない人のマイナンバーを取り扱う場合の注意点を考えていく。<A社が、報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書作成事務のために、外部取引先の毎南良さんのマイナンバーを取り扱う場合>を想定し、マイナンバーを取り扱う際の注意点を述べる。

【2016/01/26】

【マイナンバーを取り扱う具体シーンごとの注意点】第6回

 連載第2回から第5回までは、社員のマイナンバーを取り扱う場合の注意点を述べた。今回は、社員の扶養家族のマイナンバーを取り扱う場合の注意点を考えていく。<A社が、給与所得の源泉徴収票の作成事務のために、社員の番号太郎さんの扶養家族である番号花子さんのマイナンバーを取り扱う場合>を想定し、マイナンバーを取り扱う際の注意点を述べる。

【2016/01/13】

セミナー「マイナンバー対応実践塾<収集実務編>」を緊急開催

 当初の計画から遅れは出ているものの、住民へのマイナンバーの通知が進行中である。12月20日頃までには日本郵便による初回の通知カード配達が完了する見込みだ。いよいよ2016年1月の制度運用開始が目前に迫ってきた。すべての民間企業は、税や社会保障の手続きのために、従業員や個人取引先のマイナンバーを、法律に基づいて適切に取り扱わなければならない。

【2015/12/02】

【マイナンバーを読み解く素朴な疑問】Q9 本当に役所の事務の効率化や組織のスリム化は進むのか?

Q:これまで10年以上にもわたって取り組んできた電子政府も、事務の効率化を目指してきたはずだが、達成できたとは思えない。それなのに、今回のマイナンバー制度では、なぜ事務の効率化や組織のスリム化の達成が期待できるのか?

【2015/11/26】

【マイナンバーを読み解く素朴な疑問】Q8:行政職員が見られる個人情報が増えて万が一の時に被害が深刻化するのでは?

 Q:マイナンバー制度では、様々な個人情報が紐付けられるので、行政職員などの関係者が確認できる情報が一気に増大する。もしも、集約された個人情報が漏洩した場合には、従来よりもプライバシー侵害に対する被害が深刻になるのではないか?これを防ぐための対策は万全なのか?

【2015/11/12】

【マイナンバーを取り扱う具体シーンごとの注意点】第5回

 連載第1回ではマイナンバー対応のためにやるべきこと、第2回はマイナンバーを取得する際の注意点、第3回はマイナンバーを利用する際の注意点、第4回はマイナンバーを管理する際の注意点を述べた。今回は、マイナンバーを提供・委託する際の注意点を考えていく。比較的シンプルなケースである、<A社が、給与所得の源泉徴収票の作成事務のために、社員の難波舞さんのマイナンバーを取り扱う場合>を想定し、提供・委託の際の注意点を述べる。

【2015/11/05】

【マイナンバーを読み解く素朴な疑問】Q7:マイナンバーで本当に社会保障の不正受給や脱税はなくなる?

 Q:マイナンバーで本当に社会保障の不正受給や脱税はなくなる?マイナンバー制度では、国民一人ひとりの所得を正確に把握すること、そしてそれに基づいて「きめ細やかな社会保障」を提供することを、制度創設の目的として掲げているが、脱税や社会保障における不正受給をなくすことができるのか?

【2015/10/29】

【マイナンバーを取り扱う具体シーンごとの注意点】第4回

 連載第1回では、マイナンバー対応のためにやるべきこと、連載第2回はマイナンバーを取得する際の注意点、連載第3回はマイナンバーを利用する際の注意点を述べた。今回は、マイナンバーを管理・廃棄する際の注意点を考えていく。比較的シンプルなケースである、<A社が、給与所得の源泉徴収票の作成事務のために、社員の難波舞さんのマイナンバーを取り扱う場合>を想定し、管理・廃棄の際の注意点を述べる。

【2015/10/20】

【マイナンバーを読み解く素朴な疑問】Q6:企業が顧客管理などにマイナンバーを使ってもよい?

従来の住民票コードは利用範囲が法律で厳しく制限されていたが、利用範囲の拡大が期待されているというマイナンバーは、企業がビジネスに活用できるのか?民間での利用が進むと、米国の社会保障番号のようになりすましの多発が懸念されるが、対策はあるのか?

【2015/10/15】