閉じる

お知らせ

インタビュー:自動車

  • インタビュー

    “3つの単語”を唱えれば、モンゴル遊牧民の居場所にたどり着ける

    what3wordsのCMO、Giles Rhys Jones氏

     全世界を57兆個の正方形に分割し、3つの単語でその住所を表すシステムを開発した英スタートアップのワットスリーワーズ(what3words)。同社でCMOを務めるGiles Rhys Jones氏は、注目用途として自動車や配送、モビリティーサービスの分野を挙げた。

  • インタビュー

    米国ユーザーの期待に応え切れない日本のクルマ

    米J.D.PowerのDouglas Betts氏

     日本の自動車メーカーの米国事業が苦戦している。2018年1~11月の新車販売台数は、トヨタ自動車と日産自動車、ホンダの大手3社がいずれも前年実績割れとなった。その主な要因には、米国市場がピークアウトし、セダンなど乗用車の販売が苦戦していることがある。日本メーカーは、どうすれば米国市場で競争力を高め…

  • インタビュー

    「安全な車載OSはない」

    侵入テストの専門家に聞く

     攻撃者の視点でシステムへの侵入を試みる「ペネトレーションテスト(侵入テスト)」をクルマのサイバーセキュリティー対策に生かす動きが広がっている。そのテスターとして約18年の経験を持つハンガリー・デロイト(Deloitte) Cyber Intelligence Centre Partnerのラズロ・…

  • インタビュー

    滴滴出行の幹部が語った「世界進出に向けた最大の武器」

    Xiaohu Qie氏(滴滴出行Vice President)

     中国を中心に5億5000万人もの登録ユーザーを抱える滴滴出行(Didi Chuxing)。2018年9月末に日本の大阪に進出するなど、世界市場への展開を加速させている。滴滴出行はなぜ強いのか。同社Vice President of Network and MarketplaceのXiaohu(Ti…

  • 技術者塾 INTERVIEW

    電動化でパワートレインはどう変わるか

    K&K テクノリサーチ代表(元デンソー)加藤克司 氏

     自動車のパワートレーンは今後、どのように動いていくのか。パワートレーンに関連する部品や材料メーカーは事業戦略をどのように見極めたらよいのか。「技術者塾」において「事業戦略を見極める 世界の自動車用パワートレーンの最新・将来技術と規制動向」の講座を持つK&Kテクノリサーチ代表(元デンソー)の加藤克司…

  • インタビュー

    「ロボット型思考」でスマートホームの課題を解決へ

    iRobot社に次世代ルンバの方向性を聞いた

     米アイロボット(iRobot)は、1990年に創業し、2002年からは「Roomba(ルンバ)」で家庭向けロボット掃除機の市場をゼロから開拓してきたパイオニアだ。ただ最近は、競合メーカーが増えてきた。同社 CTOのChris Jones氏に話を聞いた。

  • インタビュー

    マツダの“非常識”エンジン開発の針路、天才技術者が語り尽くす

    <前編>有言実行のアップサイジング、世界の新潮流に

     マツダの次世代エンジン群の輪郭が見えてきた。アップサイジング(大排気量化)エンジンの投入や発電用ロータリーエンジンの復活、希薄燃焼エンジンの量産計画。次期ディーゼルの開発も進む。本格ハイブリッド開発と距離を置き、“非常識”路線を歩むマツダ。「天才エンジン技術者」と称される人見光夫氏(常務執行役員・…

  • 新車レポート:ダイムラー「メルセデス・ベンツAクラス」

    「若い人が選ぶクルマに」、新型Aクラスの開発責任者

    オリバー・ゾルゲ氏 Daimler Project Lead Development Compact Cars

     ドイツ・ダイムラー(Daimler)は約6年ぶりに小型車「Aクラス」の全面改良を実施し、2018年10月には日本でも販売を開始した。新型Aクラスの開発責任者を務めた、同社Project Lead Development Compact Carsのオリバー・ゾルゲ(Oliver Zolke)氏に話を…

  • インタビュー

    世界初の逆走車対応自動ブレーキ、いつ介入すべきかに難しさ

    Volvoセーフティ・センター ディレクターのヤン・イヴァーソン氏

     安全技術に力を入れていることで知られる自動車メーカーのスウェーデン・ボルボ(Volvo)。新型ワゴン「V60」の日本での発表に合わせて、同社のセーフティ・センターでディレクターを務めるヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏が来日した。新型V60で初搭載となった安全機能や、2020年までに…

  • 「接合革命」 日本の逆襲

    CFRPに続きアルミ合金ボディーにも採用、接着剤が軽量化の決め手に

    Part1 キーパーソンインタビュー(2) 東京工業大学科学技術創成研究院准教授の佐藤千明氏に聞く

     世界で「接合革命」が起きている。軽量化や材料の多様化により、溶接から接着剤への置き換えや併用が進んでいるのだ。米ゼネラル・モーターズは、アルミニウム合金を大胆に使った自動車のボディーの接合に、溶接に加えて接着剤を採用した。

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

もっと見る