閉じる

お知らせ

  • 「秋得」キャンペーン! 今なら月額プランが12月末まで無料! 詳細は→案内ページ

メガソーラー

  • ニュース解説

    米「太陽電池関税」の影響、課税後に輸入量は逆に回復!

    モジュールはマレーシア、セルは韓国が大半を占める

     中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、米国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。国内製造業を保護するため、トランプ政権は昨年1月、結晶シリコン太陽電池 (CSPV)の輸入製品に対して4 年間にわたり関税を課すことを決定した。

  • ニュース解説

    ウォルマートが「重過失」と提訴、屋根上太陽光の火災頻発で

    第3者所有モデルによる急成長の裏で起きた「手抜き施工」!?

     先月、米流通最大手ウォルマートは、太陽光発電の火災に関してテスラを相手に訴訟を起こした。ウォルマートによると、テスラの設置した太陽光発電設備が、ウォルマートの7店舗で火災を起こしたという。その後、さらにアマゾンでもテスラの設置した太陽光発電設備で火災が起こったと公表するなど、テスラにとって耳の痛い…

  • インタビュー

    「バイオマス発電はFITに合わない」、バイオマス産業社会ネットワーク・泊みゆき理事長に聞く

    メガソーラービジネス・インタビュー

     木質チップやパーム油など海外産の燃料を使った発電所の認定が急増し、稼働し始めている。一方で、輸入バイオマスによる発電事業に関しては、エネルギー自給に貢献しないなど、その推進に懐疑的な見方も多い。バイオマス産業社会ネットワークの泊みゆき理事長に、バイオマス発電の課題と今後の在り方について聞いた。

  • ニュース解説

    米では大規模エネルギー貯蔵設備が「新たな電源」に

    2023年に累積「3GW」まで急拡大へ

     米国では大規模なエネルギー貯蔵設備が新しい「電力源」になりつつある。ここ数年、発電事業用の大規模エネルギー貯蔵の導入が急速に進んでいる。

  • バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

    注目の話題は「浴槽も壁紙も全部取り替えろ」

    2016年~18年:9月30日~10月6日

     9月30日~10月6日のアクセスランキング1位は、2018年が「『浴槽も壁紙も全部取り替えろ』、無理難題で利益吹っ飛ぶ」、2017年が「SANAA設計の滋賀・新生美術館が入札不落で開館延期」、2016年が「菊竹建築に国内初イコモス危機遺産警告」でした。本日10月3日から10月9日にかけて、本記事で…

  • ニュース解説

    東電PGの「画期的な系統運用」がスタート、なぜかブレーキ踏む広域機関

    「稼働率1%の送電線は作りません」が経営判断

     東電PGが5月に公表した「画期的な系統運用」がどこまで広がるか、不透明になってきた。東電PGはまず、千葉方面で新方式に基づいた太陽光発電などの系統接続の受け付けを始めた。しかし、全国に広がるどころか、東電PGエリア内で広がるかどうかも見通せない。資源エネルギー庁や電力広域的運営推進機関がなぜか慎重…

  • ニュース解説

    台風15号で水上メガソーラーが損壊し火災、強風で流されパネルが折り重なる

     台風15号が千葉県を通過した9月9日午後、千葉県市原市のため池「山倉ダム」の水面にある「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」で火災が発生した。台風の強風で、フロート架台が折り重なるように損壊し、その複数個所から発火し、炎と煙が立ち上った。

  • ニュース解説

    千葉の大規模停電は太陽光の有無で明暗、見えてきた新たな選択肢

    分散の時代到来で現実味帯びる「マイクログリッド」

     台風15号による千葉県内の大規模停電が長期化している。台風襲来から1週間が経過した9月16日午前1時時点でも、依然として約9万8000戸で停電が続いており、市民生活に甚大な影響が出ている。気候変動で気象が荒々しさを増す中、毎年のように自然災害による停電が発生している。大手電力任せの系統運用から、分…

  • ニュース解説

    「太陽光の次は蓄電池」、州政府が相次いで普及政策を導入

    電力会社への「調達義務付け」や「補助金プログラム」など

     2年前、米国カリフォルニア州太陽エネルギー産業協会の政策アドバイザーが 、「2017年のエネルギー貯蔵市場は、太陽光発電市場が2007年にいた位置にいる」と言っていた。つまり、エネルギー貯蔵市場は、太陽光発電の10年後を追っていると評価されている。

  • ニュース解説

    企業だけではない、州政府でも加速する「RE100」

    石炭・原子力からクリーンエネ転換を目指す動きに

     1900年代終わりから、補助金支給など政府による普及政策で徐々に立ち上がり始めた世界の太陽光発電市場。当時、「コストが高い」との課題が付いて回っていたが、市場が拡大するにつれて、そのコストも劇的に下がり、従来の火力発電に匹敵、または下回るまでになった。

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

エレキ

自動車

製造

エネルギー

もっと見る