閉じる

メガソーラー

  • インタビュー

    「目標の1.5GWが未達なら、日本の地熱は再び冬の時代に」、九州大学・江原名誉教授に聞く

     固定価格買取制度(FIT)の開始で再生可能エネルギーが伸びるなか、地熱発電だけが取り残されるように停滞している。国の掲げた2030年のエネルギーミックスにおける地熱の目標である150万kW(1.5GW)の達成が危ぶまれるなか、今年に入り国内では23年ぶりとなる大規模地熱(山葵沢地熱・4万6199k…

  • ニュース解説

    いよいよ来年に迫る、米加州の「新築建物への太陽光設置義務」(後半)

    太陽電池メーカーが拡大する住宅市場に先手

     来年、米カリフォルニア州でスタートする、新築住宅への太陽光発電導入義務に向け、地場企業だけでなく、全米でビジネスを展開している太陽光発電関連会社も 、屋根施工会社とパートナーシップを結び、新たなビジネスチャンスを狙っている

  • ニュース解説

    いよいよ来年に迫る、米加州の「新築建物への太陽光設置義務」(前半)

    建築関連企業と太陽光施工企業とのパートナーシップが盛んに

     最近、米国カリフォルニア州では、今まで地域で聞き慣れた太陽光発電施工会社が社名を変えることが目立っている。例えば「ABCソーラー」(仮名)が「ABCソーラー・アンド・ルーフ」(仮名)に変わったり、屋根施工会社の「XYZルーフ」(仮名)が「XYZルーフ・アンド・ソーラー」(仮名)に社名を変更するとい…

  • ニュース解説

    米で普及期待の両面受光型、「関税免除」撤回の影響は?

    米国内太陽電池メーカー、発電事業用で優位も

     一度は関税を免れた「両面受光型太陽電池」が、また関税対象に戻ってしまった。2010年以降、米国では、中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。

  • ニュース解説

    FITからFIPへ、再エネ新制度で何が変わる?

    再エネと電力市場を統合するドイツ10年の歩み

     再生可能エネルギーの普及を支えてきた固定価格買取制度(FIT)の見直しが始まった。ドイツが先行するプレミアム制度(FIP)への移行が有力視されるが、FIPは単に賦課金の抑制が狙いではない。自由市場における再エネビジネスの姿が見えてくる。

  • ニュース解説

    世界を変えるガリウムヒ素系太陽電池、見えてきたコスト1/200の道筋

     ガリウムヒ素(GaAs)系の超高効率太陽電池はこれまで、変換効率はSi系太陽電池の2倍近くと高いが、製造コストが高価なため、人工衛星など限られた用途にしか使われていなかった。今、コストをこれまでの1/200に低減する技術開発が進展している。街乗り用EVが必要とするエネルギーの大半を太陽電池で賄える…

  • ニュース解説

    千葉の水上メガソーラー火災事故、破損の起点は「アンカーの抜け」

     経済産業省は10月28日、新エネルギー発電設備事故対応・構造強度ワーキンググループ(WG)の会合を開き、台風15号で破損事故を起こした「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」に関し、発電事業者の京セラTCLソーラーから事故の経緯や状況、事故原因の調査など、これまでに分かった途中段階での報告を受けた。

  • ニュース解説

    ホンダが需要家で世界最大のNAS電池、瞬低対策用を系統安定化に活用

    2018年初の大寒波時には、東電の遠隔DRで実運用も

     今春の大型連休中、4月28日と29日に本田技術研究所(埼玉県和光市)の研究開発拠点で、大規模なナトリウム硫黄(NAS)電池システムを使って需給を調整する試みが実施された。

  • ニュース解説

    米の電源構成、「2030年まで太陽光2割」を目標に!

    累積導入容量は500GW超!

     北米最大の太陽光発電関連の国際展示会「ソーラー・パワー・インターナショナル(Solar Power International=SPI) 2019」(2019年9月23~26日)がユタ州ソルトレイク市で開催された。このトレードショーは、北米最大のエネルギー関連イベントで、スマート電力アライアンス(…

  • ニュース解説

    米「太陽電池関税」の影響、課税後に輸入量は逆に回復!

    モジュールはマレーシア、セルは韓国が大半を占める

     中国などからの安価な太陽電池製品の大量流入により、米国内で生産していた太陽電池メーカーは収益性が悪化し、次々と事業から撤退、または破綻に追い込まれた。国内製造業を保護するため、トランプ政権は昨年1月、結晶シリコン太陽電池 (CSPV)の輸入製品に対して4 年間にわたり関税を課すことを決定した。

  • ニュース解説

    ウォルマートが「重過失」と提訴、屋根上太陽光の火災頻発で

    第3者所有モデルによる急成長の裏で起きた「手抜き施工」!?

     先月、米流通最大手ウォルマートは、太陽光発電の火災に関してテスラを相手に訴訟を起こした。ウォルマートによると、テスラの設置した太陽光発電設備が、ウォルマートの7店舗で火災を起こしたという。その後、さらにアマゾンでもテスラの設置した太陽光発電設備で火災が起こったと公表するなど、テスラにとって耳の痛い…

  • インタビュー

    「バイオマス発電はFITに合わない」、バイオマス産業社会ネットワーク・泊みゆき理事長に聞く

    メガソーラービジネス・インタビュー

     木質チップやパーム油など海外産の燃料を使った発電所の認定が急増し、稼働し始めている。一方で、輸入バイオマスによる発電事業に関しては、エネルギー自給に貢献しないなど、その推進に懐疑的な見方も多い。バイオマス産業社会ネットワークの泊みゆき理事長に、バイオマス発電の課題と今後の在り方について聞いた。

  • ニュース解説

    米では大規模エネルギー貯蔵設備が「新たな電源」に

    2023年に累積「3GW」まで急拡大へ

     米国では大規模なエネルギー貯蔵設備が新しい「電力源」になりつつある。ここ数年、発電事業用の大規模エネルギー貯蔵の導入が急速に進んでいる。

  • バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

    注目の話題は「浴槽も壁紙も全部取り替えろ」

    2016年~18年:9月30日~10月6日

     9月30日~10月6日のアクセスランキング1位は、2018年が「『浴槽も壁紙も全部取り替えろ』、無理難題で利益吹っ飛ぶ」、2017年が「SANAA設計の滋賀・新生美術館が入札不落で開館延期」、2016年が「菊竹建築に国内初イコモス危機遺産警告」でした。本日10月3日から10月9日にかけて、本記事で…

  • ニュース解説

    東電PGの「画期的な系統運用」がスタート、なぜかブレーキ踏む広域機関

    「稼働率1%の送電線は作りません」が経営判断

     東電PGが5月に公表した「画期的な系統運用」がどこまで広がるか、不透明になってきた。東電PGはまず、千葉方面で新方式に基づいた太陽光発電などの系統接続の受け付けを始めた。しかし、全国に広がるどころか、東電PGエリア内で広がるかどうかも見通せない。資源エネルギー庁や電力広域的運営推進機関がなぜか慎重…

PR News

一覧を見る

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

自動車

製造

もっと見る